日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ28 いちじくと焼きもちの豆乳ごまソース

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動し

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018年9月6日未明3時7分59.3秒。北海道の胆振地方中東部を震源としたマグニチュード6.7、最大深度7の北海道での観測史上もっとも大きな地震に襲われた。直後からの北海道全域一斉停電が、道民の不安

上越やすだ 銀座店「秋の酒まつり」開催!

上越やすだ 銀座店にて「秋の酒まつり」開催! 全4回、全て蔵元様もお越しいただけます! ここでしか聞けない、蔵元様のマル秘話に華を咲かせてみませんか? 【上越やすだ 銀座店】と申します。 わたくしども

酒舗 七蔵(札幌市中央区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018年9月6日未明3時7分59.3秒。北海道の胆振地方中東部を震源としたマグニチュード6.7、最大深度7の北海道での観測史上もっとも大きな地震に襲われた。直後からの北海道全域一斉停電が、道民の不安

日本酒「新潟しゅぽっぽ」の原料米!JR新潟ファームの“五百万石”収穫体験レポ

ここ、新潟も残暑が続く9月はじめ。新潟の地酒「新潟しゅぽっぽ」の原料となる酒米「五百万石」の収穫体験に親子で参加してきました! 今年の夏は新潟も降水量が少なかったので、お米の出来がちょっと心配なところ

お燗番の“お燗酒が飲みたくなる話”

日本酒は二日酔いの原因!! 毎日浴びるように聞く一言… どんなお酒でも飲み過ぎれば体調は崩します だから僕は日々の営業でなるべく燗酒で楽しんで頂き、アルコールの吸収を早くして、お客様には常に酔い具合を

酒蔵見学のあとは利き酒できゅっと一杯!大石酒造丹波路酒の館に行ってきました!

大石酒造丹波路酒の館は京都の亀岡市にある酒蔵です。丹波といえば昔から酒造りがさかんな地域だけあって、大石酒造も300年の歴史のある酒蔵です。大石酒造では随時酒蔵見学ができ、昔の酒造りの道具だけでなく、

第4回 一献展 ~蔵元と語らふ会~(伊勢丹浦和店)イベントレポート

第4回目となる「一献展」が週末、伊勢丹浦和店でおこなわれた。会場のスペースを拡大し、1日当たりに来場する蔵元数も増えた。前回までは百貨店における販売会といった様相を呈していたのが一転、今回は試飲と蔵元

寿司と日本酒は合わない?相性を理解して楽しもう

日本のソウルフードである寿司と日本酒は合わないわけがないと誰もが思っているかもしれません。 しかし、日本酒選びを間違えると素材の味を損なってしまう可能性もあります。 そこで今回は寿司と日本酒の相性につ

ジャケ買いのすすめ⑬~夏の甲子園~「ツーアウトフルベース」「逆転サヨナラ満塁ホームラン」

夏の甲子園、高校野球夏の大会も今年100回目を迎え、本日は(8月19日)は、準決勝を前に休戦となっている。今年も球史に残る凄い試合があった。幾多の名勝負を繰り広げてきた、石川星稜高校と華々しい打撃戦を
酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。
スタッフ募集