日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ25 新生姜と茗荷のピクルス

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

梅雨まっさかりなのに、夏のように暑い日々が続くこの頃。早くも夏バテしそう…という方もいるのでは? 疲れた身体には、酸味のある食べものを取り入れてみましょう。季節の野菜でつくるピクルスなら、食欲がなくても不思議とパクパク食べられます。

新生姜と茗荷のピクルス

新生姜と茗荷のピクルス

甘酸っぱくてさわやかなおつまみ

〔材料(2人分)〕

  • 新生姜 100〜150g
  • みょうが 5〜6個
  • 白ワインビネガー 200ml
  • 水 100ml
  • 塩 ひとつまみ
  • はちみつ 適量
  • 鷹の爪 1〜2本
  • ローリエ 1〜2本

新生姜と茗荷のピクルス

たくさん作って常備菜にすると便利

〔作り方〕

  • 1.ピクルス液を作る。野菜以外のすべての材料を小鍋に入れて沸騰させてから冷ます。
  • 2.新生姜は薄皮をこそげとり、適当な大きさにカットする(薄切りと小さなかたまりを半々にしてもよい)。茗荷は縦半分にカットする。
  • 3.鍋にお湯をわかして、2の野菜をさっと茹でる。ザルにあげて水切りをしながら冷ます。
  • 4.あらかじめ煮沸消毒した2つの瓶にそれぞれ野菜を入れて、ピクルス液をひたひたに注ぐ。
  • 5.冷蔵庫でひと晩寝かせたら食べ頃。2〜3週間を目安に食べきる。

新生姜と茗荷のピクルス

下ゆでをしたら水気をしっかり切る

おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

少量を作ってすぐに食べるなら、食材の下ゆではしなくてもOKです。タイムやホワイトペッパーなどお好みのスパイスを加えて、作るたびに違った風味を楽しんでみても。

料理に合わせたい日本酒

綿屋 純米酒 亀の尾〔宮城・金の井酒造〕

綿屋 純米酒 亀の尾〔宮城・金の井酒造〕

酒米には宮城県産亀の尾を使用

宮城県栗原市で伝統的な酒造りを営む金の井酒造。全国にファンの多い「綿屋」シリーズのなかでも、今の時期おすすめしたいのが「綿屋 純米酒 亀の尾」です。

涌谷町にある黒澤農場の特別栽培米「亀の尾」を100%使用しており、すっきりとしたキレの良さとお米の柔らかな旨みのバランスが◎。「綿屋」らしさを存分に感じられる、洗練されたイメージの食中酒です。

さいごに

身体をあたためてくれる食材として有名な生姜。薬膳では解毒作用やむくみ解消などの効果もあるといわれ、さまざまなシーンで重宝されています。

茗荷も生姜と同様、血の巡りをよくしてくれるほか発汗作用や解毒作用があり、夏にたくさん食べたい食材です。

今回は新生姜と茗荷を使いましたが、好みの野菜であっという間に作れるのがピクルスの嬉しいところ。身体の調子を調えてくれるワインビネガーとの相乗効果も期待できますよ。

次回もどうぞお楽しみに!

ご紹介した商品は楽天で購入できます

綿屋 純米酒 亀の尾 1800ml
ご購入はこちら

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集