日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ24 新じゃがの和風ポタージュ

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

新じゃががおいしい季節になりました! 柔らかく水分の多い新じゃがは火の通りが早いため、スープにするのもおすすめ。じゃがいもの旨みを丸ごと味わえる「ポタージュ」を、和風なアレンジで楽しみましょう。

新じゃがの和風ポタージュ

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ24 新じゃがの和風ポタージュ

耐熱ガラスのおしゃれな器に盛りつけて

〔材料(2人分)〕

  • 新じゃが 2個
  • 新玉ねぎ 1/2個
  • 塩 少々
  • ホワイトペッパー 少々
  • 米油 適量
  • だし 400ml
  • 豆乳 1カップ
  • うすくち醤油 少々
  • スプラウト 適量

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ24 新じゃがの和風ポタージュ

栄養たっぷりの新じゃがと新玉ねぎ

〔作り方〕

  • 1.新じゃがと新玉ねぎは、それぞれ皮をむいて薄切りにする。
  • 2.フライパンに米油を熱し、新じゃがと新玉ねぎがしんなりするまで炒める。途中で塩、ホワイトペッパーを少し加える。
  • 3.だしを加えて沸騰寸前まで煮立てる。弱火にして、じゃがいもが柔らかくなるまでコトコト煮る。
  • 4.火を止めて粗熱をとり、ミキサーなどでなめらかに撹拌する。裏ごしをしてから、スープを鍋に入れる。
  • 5.4の鍋に豆乳、うすくち醤油を加えて、中弱火であたためる。よくかき混ぜてから、味をみて調整する。
  • 6.器に盛りつけて、スプラウト、ホワイトペッパーをトッピングする。
  • 日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ24 新じゃがの和風ポタージュ

    はじめによく炒めて甘みを引き出す

    おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

    冷蔵庫でよく冷やしてから冷製ポタージュとして味わうのも、また違ったおいしさです。トッピングには、じゃがいもをスライスして揚げたものや小ねぎ、カリカリに炒めたベーコンなどを散らして。

    料理に合わせたい日本酒

    文佳人 リズール 特別純米酒〔高知・アリサワ酒造〕

    日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ24 新じゃがの和風ポタージュ

    じっくりと味わいたい美酒

    高知県香美市土佐山田町で明治10年に創業したアリサワ酒造。多彩なバリエーションの「文佳人」シリーズから、「リズール(精読者)」という素敵な名前がついた1本をチョイスしてみました。

    通常の商品よりもアルコール度数を一度下げ、上品であっさりとした飲み心地に仕上げた食中酒。無濾過と生貯蔵にこだわる酒蔵らしく、みずみずしい香りやフレッシュな旨みも十分に感じられます。

    さいごに

    薬膳の世界では、じゃがいもは毒消しの作用があるほか、水分代謝を高めて胃腸の調子をととのえてくれる優秀な食材です。血液をサラサラにして、身体の巡りをよくしてくれる玉ねぎと合わせて食べると、相乗効果が期待できますよ。

    次回もどうぞお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集