日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ26 ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

梅雨が明けて、いよいよ本格的な夏が始まります。この時期においしい野菜の代表格といえばゴーヤ! ゴーヤチャンプルーはもちろん、炒めものやカレー、サラダなどさまざまな料理に取り入れて楽しみたいものです。

ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ26 ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

カラフルな器に盛りつければ食欲倍増

〔材料(作りやすい分量)〕

  • ゴーヤ 大1/2本(150g)
  • あさり(ボイル済み) 70g
  • 塩 適量
  • みそ 大さじ1
  • 醤油 大さじ1/2
  • 酒 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1/2
  • はちみつ 小さじ1
  • 炒りごま 適量
  • 米油(サラダ油でもOK) 適量
  • 粉山椒 適量

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ26 ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

緑色が濃くツヤがあるものを選んで

〔作り方〕

  • 1.ゴーヤは縦半分に切って種とワタの部分をスプーンなどで取り除く。好みの薄さにカットしたら塩をふり、10分ほどおく。
  • 2.お湯を沸かした鍋にゴーヤを入れて、さっと湯通しする。ザルに上げて粗熱をとり、キッチンペーパーなどにくるんで水気を絞る。
  • 3.器にみそ、醤油、酒、みりん、はちみつ、炒りごまを加えてよく混ぜる。
  • 4.フライパンに米油を熱して、ゴーヤとあさりを強火で炒め合わせる。3を加えて味をなじませたらできあがり。
  • 5.器に盛りつけて、粉山椒をふりかける。

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ26 ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

炒め時間は短めにするのがポイント

おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

できたてもおいしいのですが、冷蔵庫でよく冷やしてから食べるのもおすすめ! そうめんや冷やし茶漬けの具材にしたり、冷奴にのせたりと夏にぴったりのアレンジがきく料理です。

料理に合わせたい日本酒

秋鹿 生酛純米 自営田雄町 無濾過生原酒〔大阪・秋鹿酒造〕

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ26 ゴーヤとあさりのごまみそ炒め

温度帯によって異なる飲み口に

秋鹿酒造は、大阪を代表する名酒蔵のひとつ。蔵元自ら酒米を栽培するほか、全量純米酒にこだわった酒づくりをされています。代表銘柄の「秋鹿」シリーズは、季節や酒米によってさまざまな味わいのお酒がそろい、飲み比べを楽しむこともできます。

麹米に自営田雄町を使用した生酛純米 無濾過生原酒は、みずみずしいけれどしっかり旨みも効いた珍しいタイプ。秋鹿らしい酸とヨーグルトのようなまろやかさがクセになる、夏にぴったりの一本です。

さいごに

独特の苦味とクセがあるため、好き嫌いが分かれがちなゴーヤ。薬膳の世界では、身体にこもった熱をとり夏バテを解消してくれる食材として重宝されています。また解毒作用があり、肌のトラブルや口内炎などの改善にも効果的です。

あさりも同様に身体の熱を冷まし、余分な水分を排出してくれる夏に嬉しい食材。ゴーヤとあさりの相乗効果で、暑い日々を元気に乗りきりましょう。

次回もどうぞお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集