日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ3 鯵のなめろう

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。
最近は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

今回は、日本酒にぴったりな定番おつまみ、鯵のなめろうをご紹介します。もともとは船のうえで生まれた漁師料理だといわれる、なめろうですが、今は居酒屋などで気軽に食べられるようになりました。作り方はとってもシンプルなので、ぜひご自宅でもチャレンジしてみてださいね。

鯵のなめろう

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ3 鯵のなめろう

お好みでレモンをしぼって、さっぱりといただいてもおいしい

〔材料(作りやすい分量)〕
鯵(刺身用) 半身
白ねぎ 5cm
みょうが 1個
大葉 2枚
しょうが 1かけ
味噌 大さじ1/2
醤油 小さじ1/2
みりん 少々

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ3 鯵のなめろう

旬の鯵のほか、ブリやトビウオなどを使ってもOK

〔作り方〕

  • 1. 鯵の小骨があれば、取り除く。白ネギとみょうが、大葉は千切り、しょうがはすりおろす。みょうがは水につけてアクを抜き、水気を取っておく。
  • 2. まな板の上に鯵を置き、好きな細かさになるように包丁で手早くたたく。
  • 3. 2にすべての材料を加えて、包丁でたたきながらよく混ぜ合わせる。

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ3 鯵のなめろう

新鮮さが損なわれないよう、手早く調理して

おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

鯵のたたき具合(細かさ)によって、食感が変わります。大きめに切ってお刺身感覚で食べても、細かくたたいて、ねっとりとした舌ざわりを楽しむのもいいですね。また、調味料や薬味のバランスを変えて、自分好みに仕上げるのがおすすめです。

料理に合わせたい日本酒

酔鯨 特別純米酒 〔高知・酔鯨酒造〕

酔鯨 特別純米酒 〔高知・酔鯨酒造〕

四国・高知にて蔵をかまえる酔鯨酒造。その「酔鯨」のなかでも、こっくりとした辛口の特別純米酒を合わせてみました。

香りはあまりなく、色もほぼ透明ですが、お米の甘みを存分に感じられる仕上がりです。最初はすっきりとした酸味が、後からこっくりとふくよかな旨みが追ってくるような印象で、飲みごたえがあります。

さいごに

胃をあたためて、消化活動を促進するはたらきがあるといわれる鯵。食欲のなくなりがちな今の季節にもぴったりの食材です。血液をサラサラにしてくれる青魚を取り入れて、巡りのよい身体をつくっていきましょう。

次回もどうぞお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集