日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

掲載

こんにちは!旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあと申します。
現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

京都市内の「錦市場」にて、3月3日に行われた日本酒イベント「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」。日本酒好きの筆者は、夫と一緒に参加してきました! 実際に飲んだお酒や食べたものも含めて、イベントのあれこれをご紹介したいと思います。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り」は、「京の台所」として有名な錦市場で開催されるスペシャルイベント。市場内の各所に酒蔵ブースが置かれ、多彩な日本酒を味わいながらおつまみを楽しめるとあって、毎年たくさんの人で賑わっています。チケットはインターネットでの事前申し込み制ですが、販売開始後すぐに売り切れてしまうほどの盛況ぶり。イベントに19時から参加できる一般チケットのほか、20時からのレイトチケットも用意されていました。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

イベント当日。まずは市場近くの公園で受付を済ませ、イベントがスタートするのを待つことに。前売券と引き換えにもらえるのは、100円×10枚綴りの飲食券と清水焼のオリジナルおちょこ。飲食券は、おかわりチケット販売所で追加購入できるしくみです。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

今回は京都の20の酒蔵と市場内の14店舗が参加ということで、お酒もおつまみもたくさんあって迷うほど! さすがに全部はまわれないので、パンフレットに書かれた銘柄とメニューをチェックしつつふたりで作戦会議…。事前に「ここは絶対に行きたい!」というところや大まかなルートを決めておいたおかげで、余裕を持ってイベントを満喫できた気がします。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

酒蔵のブースには数種類のボトルが置かれていて、好きなものを選んでチケットと交換に注いでもらいます。おちょこ一杯あたり100〜600円くらいの金額設定で、レアな銘柄や人気銘柄などもどんどん試飲できるのが嬉しい!

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

鮮魚店の「鮮魚 木村」には、新鮮な魚介のおつまみがずらり。白子ポン酢やあん肝など、旬の味覚を少しずつ味わえるのもたまりません。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

その場で揚げてくれるアツアツの「げそ唐揚げ」や「とろ唐揚げ」は、日本酒にもぴったりでした!

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

市場内を行ったり来たりしながら、「玉乃光酒造」や「豊澤本店」、「増田徳兵衛商店」などいろいろな酒蔵の日本酒を味わいました。酒蔵の方に直接おすすめを聞いたり、じっくりと説明してもらえたりするのもイベントの醍醐味。ブースによっては熱燗もいただけたりと、料理に合わせてお酒を選ぶおもしろさもありました。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

「川魚専門店 のとよ」で見つけたのは、「うなぎの蒲焼」や「キモ焼き」、「焼きとり」などの串もの。私たちは大好物の「キモ焼き」を購入して、「招徳酒造」の無濾過生原酒に合わせました。濃厚な旨味のあるうなぎのキモは、パンチの強いお酒にも負けないおいしさです。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

市場内に一カ所、名水「錦の井戸水」を飲める場所がありました。そのまま飲むのはもちろん、おちょこをすすいだり手を洗うのにも大活躍。各所でお水のペットボトルも販売されていましたが、こういうスポットがあると便利ですよね。

「錦のうまいもんと京の日本酒祭り 2018」に参加してきました!

日本酒が好きすぎて際限なく飲んでしまう私たち夫婦は、追加購入したチケットもあっという間に使いきり…イベント終了前に市場を後にしました。参加者には若い方も多く、女性グループがわいわいお酒を楽しむ姿も見られたり…日本酒好きがこんなにたくさんいるのだと思うと、なんだか嬉しくなりました。

にぎやかなムードにつられて、私たちも散歩がてら、はしご酒をするためのお店探しへ。ひと息ついて改めて日本酒で乾杯しながら、「また来年も参加できるといいね」と楽しかったイベントを振り返るのでした。

「KYOTO LOVE SAKE」というウェブサイトにもイベントの詳細や過去のレポートが載っているので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集