日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒をかわいくオシャレに楽しもう♪ぽんしゅグリアのすすめ

掲載

こんにちは!旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあと申します。
最近では、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

テレビや雑誌などメディアでお酒がよく取り上げられるようになり、「日本酒が好き!」という女性も最近少しずつ増えてきているようです。しかしながら、香りが苦手だったり、悪酔いするイメージがあるなど、飲みにくいという方が多いのも事実。

今回は、酒どころの新潟で生まれた「ぽんしゅグリア」をご紹介します。オシャレなパッケージと意外な飲みやすさで、日本酒を敬遠しがちな女性にこそ、ぜひ試してもらいたい新感覚のドリンクです。

ぽんしゅグリアとは?

日本酒をかわいくオシャレに楽しもう♪ぽんしゅグリアのすすめ

「ぽんしゅグリア」は、清酒カップにドライフルーツ、甜菜糖、はっか糖を詰めた日本酒カクテルの素。ワインにフルーツやスパイスを漬け込むサングリアから発想を得てつくられています。手に取りやすいオシャレなデザインなので、パーティーやイベントなどに持っていくのもいいですね。

日本酒をかわいくオシャレに楽しもう♪ぽんしゅグリアのすすめ

使われているのは、ドライフルーツ、甜菜糖、はっか糖というシンプルな材料のみ。フレーバーはりんごのほか、ゆず、桃、季節によってはレモンやキウイなど、さまざまな種類があります。

実際につくってみました

日本酒をかわいくオシャレに楽しもう♪ぽんしゅグリアのすすめ

合わせる日本酒はなんでもOK。今回は広島・相原酒造の「雨後の月 純米吟醸」をチョイスしてみました。そのままでもさわやかで綺麗な飲み口で、フルーツとの相性も良さそう。また、清酒カップも可愛いですが、せっかくなのでお気に入りのグラスでつくってみることにしました。

材料を入れたグラスに日本酒をそそぎ、粉がなくなるまでよく混ぜたらできあがり。お好みで、氷を入れたりソーダ割りにしたりしてもおいしいと思います。

カクテル感覚でごくごく飲めちゃう♪

日本酒をかわいくオシャレに楽しもう♪ぽんしゅグリアのすすめ

キャンディーを思わせるフルーティーな香りにうっとり。飲んでみるとほんのり甘くて、はっかのシュワッとした爽快な後味がクセになります。日本酒のおいしさはしっかり引き出しつつ、カクテルのように飲みやすい仕上がり。飲み終わった後に、ドライフルーツを食べるのも楽しみのひとつです。

さいごに

いかがでしたでしょうか?普段カクテル系のドリンクを飲むことがあまりない私ですが、これならまた飲みたい!いろいろなフレーバーを試してみたいなあと思いました。お酒好きな方にも、ちょっぴり弱い方にも、いつもと違った日本酒の楽しみ方を知っていただけたら嬉しいです♪

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集