日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ17 ぎんなんとれんこんの素揚げ

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。 現在は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

寒い夜は、熱燗を片手におうち晩酌を楽しむのが幸せですよね。旬の食材を生かした簡単メニューを作るなら、シンプルな素揚げはいかが? 油でさっと揚げてから、産地や製法にこだわった上質な塩をふりかけるだけで、最高においしいおつまみになるんです。

ぎんなんとれんこんの素揚げ

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ17 ぎんなんとれんこんの素揚げ

日本酒がすすむスピードおつまみ

〔材料(作りやすい分量)〕

  • ぎんなん 10〜15粒
  • れんこん 100g
  • 米油(サラダ油でもOK) 適量
  • 塩 少々

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ17 ぎんなんとれんこんの素揚げ

どちらも身体に良いヘルシー食材

〔作り方〕

  • 1.ぎんなんの殻むきをする。ペンチなどで上下の尖った部分にヒビを入れてから、殻と薄皮をむく。
  • 2.れんこんの皮をむき、好みの厚さに切る。水にさらしてからキッチンペーパーで水気をとる。
  • 3.鍋に米油を入れて熱する。ぎんなんとれんこんをそれぞれ素揚げする。
  • 4.ぎんなんとれんこんを引き上げて油を切る。熱いうちに塩をふりかける。

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ17 ぎんなんとれんこんの素揚げ

丁寧な殻むきがおいしさの決め手

おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

油は少なめに、揚げ焼きにするくらいの感覚で十分おいしくできます。ぎんなんは、黄色〜翡翠色に変われば食べごろです。れんこんは好みの固さに仕上げてくださいね。また、塩に加えて粉山椒やアオサをふりかけても美味。

料理に合わせたい日本酒

開運 特別純米〔静岡・土井酒造場〕

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ17 ぎんなんとれんこんの素揚げ

祝いの席にもぴったりのボトル

静岡県掛川市で1872年(明治5年)に創業という古い歴史を持ち、全国屈指の名酒蔵である土井酒造場。伝説の杜氏・波瀬正吉氏による伝統的な酒造りの技術は、現在では若き5代目蔵元に受け継がれています。

代表的な「開運」シリーズから、スタンダードな特別純米酒をチョイスしてみました。兵庫県特A地区産の山田錦を55%まで磨いて醸しているそうで、お米の旨みとキレのある飲み口を堪能できる一本です。軽やかなのにコクもあり、最後の一滴まで飲み飽きません。

さいごに

ぎんなんもれんこんも、薬膳の世界では身体に良い食材として親しまれています。

ぎんなんは、咳や喘息を抑えたり疲労を回復させるなどの効果がありますが、食べすぎると中毒症状を起こすので1日10個ほどにひかえておきましょう。

れんこんは、胃腸の調子をととのえてくれるほか、風邪やむくみ、肌あれを予防するなど嬉しいことづくめ。今の時期には特に、積極的にとるようにしたいものです。

次回もどうぞお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集