日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒が飲みたくなる、粋なおつまみレシピ2 たことトマトのハーブマリネ

掲載

旅と暮らしを料理でつなぐウェブよみもの『旅のあと ふたりのレシピ』を主宰する、旅行ライターのゆさ みずあです。
最近は、薬膳やカラーの発想を取り入れながら食卓をつくる、フードディレクターとしても活動しています。

日本酒というと和食が思い浮かびますが、今回はハーブやスパイスを取り入れた、カラフルな洋風おつまみをご紹介します。火を使わなくてもかんたんに調理ができ、作り置きもOKなのでとっても便利。おしゃれな器に盛りつけて、目でも舌でも楽しんでみましょう。

たことトマトのハーブマリネ

冷蔵庫でよく冷やして、サラダ気分でいただくのがおすすめ

〔材料(作りやすい分量)〕
たこ(ボイルしたもの) 150g
ミニトマト 8個
うずらの卵(茹でたもの) 6個
塩 ひとつまみ
オレガノ 適量
コリアンダーパウダー 適量
パプリカパウダー 適量
オリーブオイル 適量

トマトやうずら卵のコロンと可愛いフォルムを生かしたおつまみ

〔作り方〕

  • 1. たこは一口サイズ、ミニトマトとうずらの卵は半分にカットする。
  • 2. 1を入れたボウルにすべての調味料を入れて、軽く混ぜ合わせる。
  • 3. 冷蔵庫に入れてしばらく味をなじませておき、食べる直前にお皿に盛りつける。

ボイルたこの臭みが気になるときは、熱湯でさっと湯がいて

おつまみをさらにおいしく!アイディアとコツ

ハーブやスパイスは、オレガノのかわりにクセのないパセリ、または個性的なタイムやクミンを使ってみるなど、家にあるものを自由に組み合わせると楽しいと思います。カレーパウダーも合いますし、チリパウダーで少しだけ辛みを加えてもおいしいです。

料理に合わせたい日本酒

風よ水よ人よ 純米 〔石川・福光屋〕

涼しげな水色のボトルは食卓に置いてもスタイリッシュ

純米酒、純米吟醸、純米大吟醸だけをつくる老舗酒蔵・福光屋の純米酒「風よ水よ人よ」。「軽快なめらか爽麗仕込み」とボトルにもあるとおり、飲みやすく食中酒にぴったりのお酒です。

最初はワイン?と思うようなフルーティーな香りがしますが、飲んでみると綺麗でふんわり。端正かつマイルドな後味は、特に女性に好まれそう。さっぱりと適度なアルコール感が、トマトの酸味やハーブ&スパイスの個性的な味わいを引き立ててくれます。

少しずつ暑くなってくるこの時期は、薬膳でいう「赤」の食材を取り入れて元気をチャージするのがおすすめ。トマトは口の渇きをいやし、熱を冷ましてくれます。また、たこは身体の疲労をとり、エネルギーを回復させてくれるといわれています。

香りのよいハーブ類や食欲を増進させるスパイスも上手に取り入れながら、これから始まる梅雨や夏の暑さをのりきっていきたいものですね。

次回もどうぞお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

ゆさ みずあ

ゆさ みずあ

フリーマガジンの編集者、旅行誌の編集者兼ライターを経て、中国・上海にて旅行サイトの記事執筆に携わる。1級カラーコーディネーターと薬膳マイスターの資格を生かし、料理レシピの開発やテーブルコーディネートの提案を行う。お酒(主に日本酒とワイン)が大好きで、食べ飲みあるきも趣味のひとつ。日々の食卓にはお酒を欠かさず、夫とふたりでおいしいものを作り味わうのがライフワーク。酒どころの新潟県新潟市出身。

旅のあと ふたりのレシピ
Twitter
Instagram

カテゴリー

スタッフ募集