日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

2018年「新潟しゅぽっぽ あまざけ」新発売!息子と一緒に乾杯しました♥

掲載

皆さまこんにちは!2018年も残りわずかですね。そして日本酒においては新酒の季節!この秋に収穫された酒米を使ってしぼられた日本酒が続々と登場しています。
以前、こちらで「新潟しゅぽっぽ」の飲み比べや酒米収穫体験についての記事を書かせて頂きましたが、その「新潟しゅぽっぽ」も、この12月15日から新酒が発売開始。前日の14日には「新酒・新商品発表会」と「ふるまいイベント」が行われ、会場となった新潟駅にはたくさんの人が訪れました。

家族で収穫した酒米「五百万石」が「新潟しゅぽっぽ」というお酒になって味わえるなんて、嬉しい限りです!

3年目の今年は「新潟しゅぽっぽ あまざけ」が新発売!

さて。デビューから3年目を迎えた「新潟しゅぽっぽ」。既存の4蔵(今代司酒造㈱、㈱越後鶴亀、吉乃川㈱、君の井酒造㈱)のシリーズに加え、新たに「あまざけ」が登場しました!

参加蔵である今代司酒造がこの甘酒を製造しています。180ml、糖度20%、飲みきりストレートタイプです。「新潟しゅぽっぽ」のお酒と同様、農業生産法人㈱JR新潟ファームの酒米「五百万石」を使用した米麹甘酒です!

甘酒は飲む点滴といわれ近年大ブームですが、それよりも、子供たちと一緒に田植えや収穫した酒米で造ったものを“一緒に味わうことができる”ようになったのが何よりも嬉しいですね。イベントに参加したたくさんの子供たちもきっと喜んでいると思います。

「新潟しゅぽっぽ あまざけ」を飲んでみた!

というわけで、さっそく私も息子と一緒にこの甘酒を飲んでみました。
まずは収穫の労をたたえ合って乾杯~♪

中学生の息子は昔から甘酒が大好き。私も仕事を言い訳にして、各蔵のいろいろな甘酒を買っては彼に飲ませているので、たぶん、舌は肥えているはず(笑)
子供の素直な感想を聞いちゃいましょう♪

「さっぱりしていて美味しい!」と、息子。ゴクゴクと一気に飲んでしまいました。
うん。確かに優しい自然な米麹の甘さでサラッとしていて飲みやすかったです。
これからの季節は寒いので、温めて飲むことが多くなるかもしれませんが、少し冷やして飲むのもおすすめですよ!

さいごに

出典:http://www.jrniigata.co.jp/shupoppo/

はい。それでは今年の年末も、私は「新潟しゅぽっぽ」の新酒の飲み比べを楽しみたいと思います。1合サイズの4種飲み比べセットが販売されていますので、皆さまも是非お試し下さいね。新潟駅構内のお土産売り場や「ぽん酒館」、上越新幹線内でお求め頂くことができます。さいごに余談ですが、新潟の地酒をお土産にしたいけど、どれを買ったらいいのか分からない…という方を、よく地酒コーナーで見かけるのですが、このセットなら安心です。上・中・下越、それぞれの地域の、特徴ある蔵の味を堪能することができるのも、このお酒の魅力の一つです!!

新潟しゅぽっぽ公式HP

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター ヨシコ

ヨシコ

Webライター/猪口っとライター
新潟県新潟市在住。
飲食店勤務経験から日本酒にハマり、日本酒に関する記事に携わる。
ただし、酒にはめっぽう弱い下戸。

スタッフ募集