日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

表参道で昼から日本酒と蕎麦!アルコールをぶち込んだ「オトナな休日」

掲載

肉体的、法的、書類上ではもう立派すぎる大人。だけど心は思春期真っ最中の中学生。なんてどこかの名探偵みたいな導入文を真顔で書いている。

思春期だけならまだしも、厄介な厨二病も患っているので、ふと「大人になるってなんなんだろう、どうして大人になるんだろう」などと考えることがある。夜な夜な考えた結果、「真昼間から酒が飲めるのが大人だ!!!!!!」と頭が悪い結論に至った。

ということで、立派な大人になるために、真昼間からアルコールをぶちこむ休日を過ごして来た。

表参道の蕎麦屋「しろう」

表参道駅、Apple Storeの前にある出口から徒歩7分程度のところにある「しろう」。世間一般のお昼時を過ぎた頃だったので、スイスイと入店できた。

カウンター席に案内される。蕎麦屋のカウンター席でご飯。それだけで、大人になった気分。いや、立派な大人なんだけれどね。心の話。

目の前には大量のお酒!アルコールをぶちこむのが大好きマンの方々にはお馴染みのキンミヤから、魔王。そしてそば焼酎も。気になるラインアップすぎる。

この中で私が一番気になったのは「六代目百合」。初代から五代目までも百合だったのかな…。

と言いながら、まず頼んだお酒は「真野鶴」。尾畑酒造というところでつくられている、すごくフルーティーな味の日本酒。いい風味がしっとりと残って、余韻を楽しめるお酒だった。

真野鶴の中にもたくさん種類があるらしい。いつか真野鶴全部飲み比べ大会とか、やってみたいものだ。

真野鶴をちびちび飲みながら、何を食べようか考える。

外が少し暖かかったし、冷たい蕎麦がいいかな。だけどこの後に気温が下がって寒くなったら嫌だし。なんて、上がり下がりが激しい気温のことを考えて選んだのはこちら。

ノーマルなせいろ蕎麦!人生何事も基本が大事だから、とりあえずせいろ。蕎麦通ではないから「う〜ん、この蕎麦は7:3だなあ……」みたいなことは言えないけれど、コンビニエンスストアで売られている蕎麦より、街中にあるチェーンの蕎麦屋よりも美味しいことはわかる。

辛くないわさびをつけて、蕎麦をズルズル食べて、日本酒を飲む。なんか、今、ものすごく粋な日本人をやっている気がする。てやんでい。大人を通り越して、粋になっちまった。

店内が混みはじめたころ、ちょうど真野鶴も空になったので、退散。日本酒を呑んで、ゆっくり蕎麦を食べても外はまだまだ明るい。

しかもここは表参道。オシャレタウンだ。ちょっと大人な買い物もできるし、途中のコンビニエンスストアでお酒を買い足して、代々木公園で飲酒散歩もできる。素敵な休日の一軒目にぴったりの蕎麦屋「しろう」だった。立派な大人に、なれた気がする。

http://www.shiro-tokyo.jp/

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

吉川真緒

吉川真緒

自称天才ライター・カメラマンの吉川真緒です。
好きなお酒は日本酒と焼酎とクラフトビール。お酒が好きなのに、あまり強くないのが悩み。酔っ払うとすぐに寝るタイプです。最近飲みすぎたのか、太りました。酒を飲みながらできるダイエットないかなー。
Twitter

スタッフ募集