日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

「一献盃」で味が変わる!? 話題のひやおろしにぴったりの盃を探そう【前編】

掲載

thumb_DSC03719_1024
ひやおろしが続々と販売される10月は、日本酒好きがそわそわしてくる季節。美味しい〝ひやおろし〟を手に入れたら、盃もぴったりのものを用意してみませんか? 今回は今年おすすめの〝ひやおろし〟3本を今話題の「一献盃」で飲み比べてみました。

「一献盃」とは?

thumb_DSC03642_1024

「一献盃」とは、美濃焼の製造を手がける株式会社カネコ小兵製陶所から発売されている盃のこと。盃の形は4種あり、それぞれ飲んだ時の香りや味わいに特徴があるのだとか。そこで今回は、3本のひやおろし(あきあがり)を4種の一献盃で飲み比べ、自分なりの「ベスト盃」を探してみました。

thumb_DSC03671_1024

ストレート型「すっきり、さっぱり」のみたい形

thumb_DSC03660_1024

ラッパ型「とにかく香り」を楽しみたい形

thumb_DSC03659_1024

ワングリ型「しっかりと旨み」を味わいたい形

thumb_DSC03664_1024

ツボミ型「濃厚をちびちび」とやりたい形

株式会社カネコ小兵製陶所webサイトより抜粋

前回に引き続き、検証するのはこの2人!

検証に参加したのは、前回に引き続きのんだくれライター津川と、「最も新橋が似合う酒造関係者と噂されるW杜氏。それぞれのひやおろしに対し、二人はどの「一献盃」を選ぶのでしょうか?

thumb_DSC03416_1024
先月、三十路に突入した途端に蕁麻疹が出ました。進化は感じないけど、衰えだけは感じる今日この頃。

thumb_DSC03355_1024
訳あって2〜3日酒を断ってみたら、ご飯が美味しくて仕方ない。やっぱり米最高と思いつつ、お腹まわりのお肉が気になる今日この頃。

【検証1】信州銘醸 〝瀧澤 乙未(きのとひつじ) ひやおろし〟 

thumb_DSC03684_1024
【スペック】
・アルコール分 17度以上18度未満
・原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
・精米歩合 55%
・使用酵母 自家培養酵母
・仕込み水 黒耀の水
・日本酒度 ±0
・酸度 1.7

【特徴】
花の蜜のような、華やかな香りが特徴的。飲み口はまろやかな旨味が感じられる。余韻に微かな苦味が感じられるのは、瀧澤の特徴か。

〝瀧澤 乙未 ひやおろし〟にぴったりの盃、発表!

thumb_DSC03426_1024

ライター津川(以下、T):決まりましたね? それでは、いっせーのーで!

W杜氏(以下、W):ラッパ型!

T:ワングリ型!

thumb_DSC03332_1024

W:見事に分かれましたねえ。

T:そうですね〜、面白い!

爽やかな「カプロン」系の香りも、度を越すと……

thumb_DSC03352_1024
T:どうしてこちらを選んだんですか?

W:ラッパ型だと「瀧澤 ひやおろし特有の華やかな香りが損なわれない。ツボミ型、ストレート型だと香りが「塊」で押し寄せてくる感じ。「良い香り」と感じるためには、香りの濃度が重要です。強い香りが適度に空気と混ざり合うことで、「良い香り」と感じられるんですよ。

T:ん〜、イマイチぴんとこないんですが……。

W:わかりやすくいうとですね。津川さんが好きな、リンゴのような爽やかな甘酸っぱいカプエチ(カプロン酸エチル)の香りは、濃度が強すぎると1日履いた靴下みたいな「ムレた臭いがします。

T:ええええ! ちょっとやめてくださいよ!

W:いや、本当の話ですから(笑)

T:でも、そう言われるとわからなくもないような……。

W:そうでしょう (自信満々) !

T:あんまりわかりたくなかったですけど……(げんなり)。

盃の形だけで変わるのは、香りだけじゃない!

thumb_DSC03473_1024
T:私の決め手は後味ですかね。ワングリ型が一番エグミが少ないような気がしました。

W:なるほど。

T:形の違う盃でも、同じ酒なら上立ち香以外はそんなに違いはないのかな〜と思っていたんですが。こうして比べてみると、盃の形が後味にも影響しているような気がします。

W:それは盃の形によって、酒が触れる舌の「場所」と、舌への「触れ方」が変わるからかもしれませんね。

ポイントは舌の「場所」と「触れ方」

thumb_DSC03315_1024
W:現在は、味覚地図(舌の場所によって得に感じられる味覚が異なること)は科学的根拠がないと否定されています。でも、僕の感覚では舌の場所によってやはり後味は変わってくるように感じますね。

T:確かに……。利き酒のときは酒を舌で転がして「舌全体」で味を感じるように、って教わりました。

W:盃の形による酒の舌への「触れ方」についても、感じる味わいは変わるでしょうね。酒がふわっと広がりながら触れるか、直接的にピンポイントで触れるかでは、大きく違いますから。

残るひやおろし2本にぴったりの「一献盃」は!?

thumb_DSC03706_1024
続いては、奥の松酒造〝奥の松 ひやおろし〟と三浦酒造〝豊盃 あきあがり〟を「一献盃」で飲み比べします。後編をお楽しみに!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 津川

津川苑葉

日本酒ライター・コラムニスト。
≪日本酒のハードルは低く!可能性は広く!≫がモットー。
飽くなき好奇心とアヴァンギャルド精神で、日本酒界に新たな風を吹き込む人々を応援していきたいと考えている。
2014年11月「酒徒名人」(日本酒知識とマッチング上級者に与えられる資格 名酒センター株式会社発行)取得。

カテゴリー

スタッフ募集