日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

大人気につき入手困難!みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

掲載

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

青森の名酒のひとつ、三浦酒造「豊盃(ほうはい)」。そんな「豊盃」の、直売所でしか販売されていない限定酒2本と、旬のひやおろし(あきあがり)を飲み比べてみました。

「豊盃 特別純米酒 あきあがり」

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

【スペック】
・アルコール分 16度以上17度未満
・原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
・精米歩合 麹米55% 掛米60%

旬の味「あきあがり」の味わいは?

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

W杜氏(以下、W):キレというよりは、舌に余韻がなびくタイプの辛口。でも旨味と程よい酸があって力強い。
ライター津川(以下、T):なるほど、「骨太」の味という感じでしょうか。上立ち香(立ちのぼる香り)は控えめですよね。
W:上立ち香控えめ、しっかりしたボディ感と落ち着き。〝ひやおろし〟のお手本という感じですね。

辛口なのに甘く感じさせる!? 「アルコール」の味

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

T:辛口ですけど、最初の飲み口は甘く感じられませんか?
W:最初の一口のインパクトが強いからですかね。あと、アルコール感。アルコールって、実は甘く感じるんです。
T:確かにアルコール度数の高いウォッカなんかも、甘いですもんね。
W:ちなみにアルコール由来の甘みがグルコース(糖)と大きく違うのは、甘みが舌に残らず爽やかなところです。

プロしかわからない? 微かな土の香り

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

W:あと、香りに微かな土っぽさが。
T:土!? マジっすか!
W:マジっす(笑)。もっと詳しく言うと、ひんやりした土蔵っぽい香りです。
T:土蔵?うう〜ん、わからない……。杜氏さんって、そこまでわかるんですねえ。

直売所限定販売「Houhai 大吟醸」

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

【スペック】
・アルコール分 15度以上16度未満
・原材料名 米(国産)・米麹(国産米)
・精米歩合 49%

「Houhai 大吟醸」の味わいは?

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

W:こちらも味の芯がしっかりあるタイプ。こちらはアルコールというより、グルコース(糖)の甘みが強い。酸味は抑えてあって、シャープで直線的な印象の辛口ですね。香りは〝エステリック〟です。
T:どういう意味ですか?
W:全ての「香り」の元である酸とアルコールの結合体を〝エステル〟といいます。それで様々な香りが感じられる事を〝エステリック〟と呼ぶんですよ。〝酢エチ(酢酸エチル)〟の香りも微かに感じられますね。

〝酢エチ〟のバランスが香りの決め手

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

W:〝酢エチ〟は程良い濃度だと、熟したメロンのような芳醇な香り。濃度が高すぎると接着剤みたいな香りになります。
T:ええ〜、接着剤って!
W:これはそこまで濃度が強くないので接着剤とは感じませんが。
T:そ、そうっすよね(ちょっとホッ)。
W:要はバランスの問題ですね。

「豊盃 あきあがり」と「Houhai 大吟醸」、一言で!

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

T:「Houhai 純米吟醸」はミドル級のボクサーと表現されましたが、この2本はどう表現しますか?
W:「あきあがり」は小麦色の肌のマッチョ、「大吟醸」は繊細そうで色白な細マッチョ、ですかね。
T:なるほど!

辛口、だけど味わい豊かな「豊盃」

大人気につき入手困難! みつけたら即買い必須の「豊盃」限定酒3本を飲み比べ【後編】

「豊盃」の辛口ながらもボディ感と余韻のある味わいは、杜氏をうならせた様子。金木犀の香り漂うこの季節、秋風を感じながら「豊盃」で一杯、いかがでしょうか。

前半へ戻る

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 津川

津川苑葉

日本酒ライター・コラムニスト。
≪日本酒のハードルは低く!可能性は広く!≫がモットー。
飽くなき好奇心とアヴァンギャルド精神で、日本酒界に新たな風を吹き込む人々を応援していきたいと考えている。
2014年11月「酒徒名人」(日本酒知識とマッチング上級者に与えられる資格 名酒センター株式会社発行)取得。

カテゴリー

スタッフ募集