日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

【平成27年度新酒】まるで爽やかイケメン!?華やかさとバランスの良さが際立つ新酒“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”

掲載

DSC_0761

日本酒ライター・コラムニストの津川です。冬至を迎え、いよいよしぼりたての新酒が美味しい季節になってきましたね。そこで今回は、秋田から届いた新酒“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”をご紹介します!

DSC_0774

阿櫻 純米生原酒 初しぼり
酒蔵:阿櫻酒造株式会社
原料名:米(秋田県産)・米麹(秋田県産米)
精米歩合:60%
日本酒度 : +4
アルコール度 : 16.7度
酸度 : 2.2
アミノ酸度 : 1.1

ad3a40e8d7953c3c0057ddb4d9df9e8e_m

新酒でダントツ! 絶妙なバランス&スマートさ

“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”の第一印象は、爽やかなイケメン。香りはバランスがとれていて、しかも華やぎがあります。この卓越したバランスの良さは、没個性に陥ることがありません。むしろ特定の香りだけが強すぎたり、荒削り過ぎたりという非加熱の新酒の中では、ダントツに目立つのです。
味わいは甘味と酸味が調和し、後味には心地の良い余韻が残ります。それがずっと後をひき、いつの間にかくいくいと飲み進めてしまう……そんな新酒です。

0db048322406acb3c631aeeed97e7002_s

「のび太」や「スネ夫」がうらやむ「出木杉」君!?

“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”を呑んである人は、爽やかで容姿端麗、勉強ができるけど、恋愛や友達付き合い、部活や趣味もしっかりこなすというパーフェクトな友人を思い出したとか。
“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”が人間ならば、自らの器用さゆえに、何かにのめりこむことが出来ないというようなコンプレックスを持つ事もあるかもしれません。少し屈折した人なら、嫌味のひとつも言いたくなってしまうかも……?

DSC_0864

バランスの良さは、旨さに直結する

しかし酒としては、全体的なバランスの良さ、全ての要素においてクオリティが高いということは、旨さを左右する大きな要素。“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”は、その事実をしみじみ思い知らせてくれます。多くの方が「美味しい!」と感じる味わいなので、大人数での宴会に持参するのもおすすめ

DSC_0780

絶対ハズさない新酒“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”

この新酒のスマートさにあやかれば、一目置かれる存在になれるかもしれません。「絶対にハズしたくない」忘年会、新年会には“阿櫻 純米生原酒 初しぼり”を持参してみてはいかがでしょうか。ご購入や、阿櫻の蔵元情報を知りたい方は下記店舗、サイトへどうぞ!

・阿櫻酒造株式会社
所 在 地:〒013-0041 秋田県横手市大沢字西野67-2
TEL:0182-32-0126   FAX:0182-32-3448
Email:info@azakura.co.jp
公式サイト:http://www.azakura.co.jp
オンランストア:http://shop.tanakabungo-shoten.co.jp/fs/tanakabungo/c/azakura
Facebook:https://www.facebook.com/pages/阿櫻酒造/284585621578618?fref=ts

・名酒センター株式会社 
所 在 地:〒105-0013 東京都港区浜松町2丁目3-29 磯山第2ビル1F
TEL:03-5405-4441
公式サイト:http://nihonshu.com

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 津川

津川苑葉

日本酒ライター・コラムニスト。
≪日本酒のハードルは低く!可能性は広く!≫がモットー。
飽くなき好奇心とアヴァンギャルド精神で、日本酒界に新たな風を吹き込む人々を応援していきたいと考えている。
2014年11月「酒徒名人」(日本酒知識とマッチング上級者に与えられる資格 名酒センター株式会社発行)取得。

カテゴリー

スタッフ募集