日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

地上80m神戸ポートタワーで日本酒を楽しむ清酒ラウンジ「SAKE TARU LOUNGE」オープン!

掲載

2019年6月1日(土)、神戸ポートタワー展望3階に「SAKE TARU LOUNGE」がオープンされた。神戸ポートタワーを活用した魅力発信の実験第1弾として企画したもので、日本を代表する酒処「灘五郷(なだごごう)」の日本酒や、世界初のスタイルとなる日本酒を地上80mで楽しめる廻る清酒ラウンジが特徴だ。

神戸の魅力発信プロジェクト第一弾として

清酒ラウンジ「SAKE TARU LOUNGE」の背景には、神戸の街としての価値向上を目的としたPR活動「神戸ポートタワーを活用した神戸のまちの価値向上」が関係している。

神戸には、神戸牛をはじめ、世界に誇る酒処・灘五郷、日本で最古のゴルフ場、日本で最初のコーヒー文化発祥、日本で最初の紅茶文化発祥、日本における豚饅頭発祥地など、多くのオリジナル文化を持っている。その象徴である「神戸ポートタワー」を活用して、神戸の魅力を発信する実験を今後実施していく予定だという。

「SAKE TARU LOUNGE」の目玉

①日本酒サーバー

日本酒に窒素ガス(Nitrogen/ナイトロジェン)を充填しながら専用のサーバーから注ぐ新しいスタイルの日本酒を提供。地元スイーツとのペリングも堪能できる。

②世界に誇る「灘の酒」理由を体感できるその眺望

江戸時代から続く日本一の酒どころ「灘」。灘五郷と呼ばれ、西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の総称だ。灘五郷が栄えた大きな理由としては「冬は六甲おろしが吹き付け寒気が厳く酒造りに適した気候だったこと」「関西地方には奈良時代から続く酒造ノウハウが蓄積されていたこと」「酒造りに滴つぃた宮水とよばれる硬水があったこと」「六甲山の急流を利用した水車を用いて、精米が容易にできたこと」「経済の中心地・大阪に近く、江戸まで酒を運ぶための樽廻船航路が設定しやすい立地にあったこと」などが挙げられる。この地においしい酒をもたらしてきた、六甲山などの景色を眺めながら、灘の酒を楽しむことができる。

③酒蔵で使用されていた酒樽をふんだんに活用した内装

店内には実際に使用されていた酒樽を再活用。巨大な酒樽の中にいるような雰囲気に仕上げている。“SAKE TARU ウォール”のほか、“SAKE TARU チェア”や“SAKE TAGA シャンデリア”など、日本酒をより身近に感じるような内装だ。また入り口の扉は、2016年に解体された 神戸の代表的な建築であった旧三菱銀行神戸支店(ファミリアホール)で使用されていた重厚感のある扉を再活用している。

ドリンク&フードメニュー

  • 〈アルコール〉
  • ・「灘五郷」全蔵の日本酒
  • ・ナイトロ ・サケ ・サーバーから注ぐ日本酒
  • ・日本酒カクテル(老舗バーとのコラボレーション企画中)
  • 〈ノンアルコール〉
  • ・甘酒シェイク(ホワイトパールタピオカをトッピング)
  • ・甘酒:灘五郷の酒蔵の甘酒
  • ・ミネラルウォーター(日本の水百選に選ばれた布引の水を入れたもの)
  • 〈食事〉
  • ・チョコレート(新進気鋭のショコラティエ『JHOICE』丈池武志氏による「SAKE TARU LOUNGE」オリジナル。日本酒との相性の良いチョコレート3種類)
  • ・チーズ(『ランス』店主・福田友一氏が厳選したオリジナルチーズ)
  • ・甲南漬
  • ・週替わりのお惣菜(「日本酒には食」という固定観念にとらわれず、神戸の飲食店のお惣菜やおつまみをさまざまなジャンルから週替わりでセレクト)

灘五郷の酒蔵一覧

  • ◆西郷
    「金盃」「沢の鶴」
  • ◆御影郷
    「白鶴」「菊正宗」「剣菱」「戎面」「福寿」「仙介・琥泉」「大黒正宗」「甲南漬」
  • ◆魚崎郷
    「千代田蔵」「松竹梅」「浜福鶴」「櫻正宗」
  • ◆西宮郷
    「日本盛」「灘自慢」「喜一」「金鷹」「白鷹」「白鹿」「灘一」「寳娘」「島美人」「德若」
  • ◆今津郷
    「大関」「扇正宗」
    • <「SAKE TARU LOUNGE(サケタルラウンジ)」概要>
    • 場所:神戸ポートタワー展望3階回転フロア
    •  〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町5-5
    •  ※展望階へはタワー入場料が必要
    • オープン日:2019年6月1日(土)
    • 営業時間:6月~11月・3月 10:00~21:00(L.O.20:30)、
    • 12月~2月 10:00~19:00(L.O.18:30)
    • 電話番号:080-9026-9154
    • 「SAKE TARU LOUNGE」公式サイト
酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の持つ味わい、文化、食事との相性、風土、歴史、人情など様々な日本酒の楽しみ方を提供。記事の執筆、イベントやセミナー講師および主催、日本酒専門店の女将としての接客業務など多角的な活動を通じて、日本酒のおいしさと日本文化の豊かさを伝えている。現在兵庫県の山陽盃酒造にて蔵人として酒づくり中。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集