日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

KURARA 神田

掲載

KURARA 神田

神田駅西口のガード下に、そっと現れるKURARAさん。お洒落な外観は、”色気ある大人の隠れ家”といった風情ですが、獺祭の幕が大きく掲げてあるので日本酒を置く店であると直ぐにわかります。青山・赤坂・八丁堀と都内のいずれも素敵な街にそれぞれのコンセプトで系列店を持つ同店の売りは、ぬか漬け。その時々の旬のもの、そして中々自分では選ばない野菜もひと手間かけてから漬けているので新たな発見が出来そうです。日本酒もぬか漬けも同じ発酵食品なので、当然相性バッチリ。

KURARA 神田

3種盛られたお通しも同様、お酒のアテとしてチビチビと活躍。そして、その写真に写りこんだお店の方の名刺、その肩書きはそれぞれ「糠人」「純米生酛娘」と、ユーモアたっぷりです。その話題で盛り上がってしまったのでついついテーブルに置いたままに。そんな所にも酒の肴は仕込んでありました。

KURARA 神田

いくら美味しいお料理と日本酒があっても、例えば通勤ラッシュの駅のホームで頂いて味をきちんと感じる事ができるでしょうか?それほどに環境や気分によって感じ方は左右されるので、お店の雰囲気づくりは大切。同店のようなお店の方と近くアットホームな雰囲気だと洒落た店内でも肩ひじ張らず寛げますね。

獺祭

獺祭の飲み放題コースがありますので、1度獺祭に埋もれてみたいという方にはお勧め。それも良いですが、冷蔵庫には全国の日本酒が顔を揃えています。1つずつ好みを伝えて注文し今宵お気に入りの1本を見つける、というお店の方との共同作業をぜひお楽しみ下さい。

同店「糠人」の豊田さん・私・私の友人であり日本酒「呑美多」生みの親。
(集合写真は、左から同店「糠人」の豊田さん・私・私の友人であり日本酒「呑美多」生みの親。)

KURARA 神田

(私が訪れたとき冷蔵庫内には、獺祭以外にも新政、飛露喜、田酒、十四代、それから鍋島に作もありました!)

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の持つ味わい、文化、食事との相性、風土、歴史、人情など様々な日本酒の楽しみ方を提供。記事の執筆、イベントやセミナー講師および主催、日本酒専門店の女将としての接客業務など多角的な活動を通じて、日本酒のおいしさと日本文化の豊かさを伝えている。現在兵庫県の山陽盃酒造にて蔵人として酒づくり中。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集