日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

ジャケ買いのすすめ③

掲載

~男の巻(新橋の男達&美少年)~

今年は東京の桜の開花は早かったが、全国的には遅れているようだ。三月も終わり、桜の季節がやってくる。桜の季節、すなわちそれは、新年度、新しい旅立ち、再出発の季節である。新年度は新社会人だけでなく、転勤などで新しい土地で仕事を始める人も多いだろう。今回は新しい世界で仕事をはじめる男達に贈る二本。
今回のジャケ買いのテーマは「男」。

富久長 新橋の男達の酒 (広島県)

私は昭和60年から28年間、地方でサラリーマン生活を送った。だいたい3年ごとに転勤があったが、すべて四国島内であった。20代後半は高知で4年間過ごした。昭和から平成にかけてのころだ。高知は屋台が多い。横浜の屋台が撤去されてのちは、ある著名な作家が、博多、小樽、高知を日本三大屋台の街と呼んでいた。
そんな屋台で、先輩、上司とよく飲んだ。いつも仕事帰りの飲み始めか、〆か、当時はクールビズもなく、年中ネクタイ姿だった。屋台のあのワイワイとした活力感と言うか、雑踏感と言うか、あの雰囲気が好きだった。
四国の片田舎の屋台で、こんなに楽しいのだから、サラリーマンの聖地、新橋ガード下のその雑踏感はどんなにか半端ないだろうと想像した。一度は、ネクタイをしめて、新橋ガード下で飲むのが夢だったが、一度もその夢はかなうことなくサラリーマン生活を終えた。いつか、真夏にネクタイしめて、新橋ガードで昔の仲間たちと酒を飲むのも一興かもしれない。
さて、そんな全国サラリーマンに贈る一本は、「新橋の男達の酒」※ここでは、男達を「おやじ」と読ませている。
ジャケットはちょっと渋いネクタイ姿の「おやじ」が佇み、よどみなく「おやじ」の酒と言う感じでジャケ買いしたが、飲み口はフレッシュで爽快である。まさにフレッシュマン、若い方々に飲んでいただきたい。
最後に同酒の裏ラベルのキャプションを記しておきましょう。

とうとう日本酒の時代が来ました。
永い低迷時代を乗り越えて国酒の復権です。ワイン、焼酎、ハイボールと他の酒に隅においやられていた日本酒の出番が来ました。世界遺産登録となった和食とともに世界へ羽ばたいていますよ。ワールドワイドな酒になりつつある日本酒。貴兄も乗り遅れてはなりませんぞ。しかも飲るなら純米酒でいきましょう!冷やでよし、燗でよし、オンザロックも旨し。そうそうハイボールも案外いい感じ。飲み方自由に楽しんで明日への活力にしましょう!時代は日本酒です。
以上、働く日本の男たちを応援する酒なのです。

美少年 劍門 (熊本県)

昭和ひげ文字、個人的には、質実剛健的、あるいは日本の国技大相撲のイメージが湧きます。そんな昭和ひげ文字で書かれたジャケット「美少年」今となれば少し妖艶なイメージもちらほらと頭をかすめながら、ジャケ買いいたしました。
美少年の酒名の由来、天草四郎からとったとか、諸説あるようですが、一番有力そうなものを記しておきます。
中国・唐の詩人 杜甫の「飲中八仙歌」から引用したという説。中国で今も信仰の対象となっている仙人の代表格「八仙」にちなみ、杜甫と同時代の有名な酒豪8人の名を織り込んで、各人のすてきな酔っ払いぶりを詠んだ詩です。
この詩「飲中八仙歌」の中に、酒豪8人の1人、崔宗之についての3行があります。

宗之瀟洒美少年
挙觴白眼望青天
皎如玉樹臨風前

・宗之はすがすがしい佇まいの美少年である
・彼が杯を掲げ俗世を忘れ遥か空にまなざしを向ける様子は
・美しい樹が風に吹かれているように爽やかで輝かしい

この三行こそが、美少年の真骨頂なのでしょうか。

ライター プロフィール

日本酒ライター 髙松 巖

髙松 巖

香川県丸亀市で日本酒メインのダイニングバー「星の川」をやってます。こちらでは、季節感溢れる日本酒の魅力をお伝えできたらと思います。よろしくお願いいたします。

日本酒蔵一覧

長珍酒造
長珍酒造 愛知県 長珍
三櫻酒造
三櫻酒造 島根県 三つ櫻
舟木酒造
舟木酒造 福井県 北の庄
菊桂酒造
菊桂酒造 福井県 菊桂
浦野酒造
浦野酒造 愛知県 菊石
日本晴酒造
日本晴酒造 富山県 日本晴
若乃井酒造
若乃井酒造 山形県 若乃井
関原酒造
関原酒造 新潟県 常陸屋勝次郎 群亀
向井酒造
向井酒造 京都府 京の春
賀茂輝酒造
賀茂輝酒造 広島県 賀茂輝
滋賀酒造
滋賀酒造 滋賀県 貴生娘
山梨銘醸
山梨銘醸 山梨県 七賢
天寿酒造
天寿酒造 秋田県 天寿 鳥海山
NO IMAGE
富久千代酒造 佐賀県 鍋島
鹿野酒造店
鹿野酒造店 石川県 常きげん Kiss of Fire(キス・オブ・ファイア) 
スタッフ募集