日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

結婚式で飲んだ日本酒と料理のマリアージュレポート

掲載

結婚式で飲んだ日本酒と料理のマリアージュレポート

20代後半に差し掛かると結婚式に参加し、お酒を飲む機会も増えてきました。
そこで思ったのが、結婚式で出される日本酒はその土地の地酒を提供していることが多いということです。
そこで今回は最近の結婚式で飲んだ日本酒と料理のマリアージュのレポートをしていきたいと思います。

結婚式で飲んだ日本酒と料理のマリアージュレポート

広島の結婚式はゴールド賀茂鶴で決まり

今回の結婚式で用意されたのは広島県東広島市西条にある「賀茂鶴酒造」の「大吟醸特製ゴールド賀茂鶴」です。
東広島市西条は日本三大酒どころとして数多くの酒造メーカーがしのぎを削っている日本酒の生産地。
その中で最も有名な酒造メーカーが賀茂鶴酒造。よって、広島で一番有名な酒造メーカーでもあります。
今回紹介する「大吟醸特製ゴールド賀茂鶴」は、広島県北部で育てられた酒造好適米のみを使用し、じっくりと伏流井水で仕込んだ日本酒です。
お祝い事などに適した日本酒として幅広く愛飲されています。

結婚式で飲んだ日本酒と料理のマリアージュレポート

牛フィレとフォアグラとの相性も抜群

今回用意された牛フィレとフォアグラのソテーとのマリアージュも抜群でした。
料理に合う大吟醸としてミシュランガイドにも掲載される名店でも出されているこちらの日本酒は香りが控えめで旨味が強い印象。
料理の味を損なわせない、バランスの良い日本酒でお祝いの席にぴったりです。

まとめ

結婚とお酒は古くから深い関係がありますが、今回の結婚式で「いろんな地域の結婚式に出される日本酒が飲んでみたい」と感じました。
みなさんも結婚式などのお祝い事の席で出される日本酒に注目してみてはいかがでしょうか?

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

白根佑一

白根佑一

フリーライター兼ブロガー。
食品系の大学を卒業し、コンビニのお弁当、おむすびのレシピやアイデアを考える商品開発職として働く。
独立後は、コンビニの商品開発経験やフードスペシャリスト、食品衛生管理者の資格を生かして食やお酒についての情報発信を行っている。
特に日本酒とワインが好きで日本全国のうまいものとお酒を飲みながら旅をするほど食と生活が一体化した生き方をしている。日本三大酒どころの広島県出身。

スタッフ募集