日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

“美酒王国”秋田が今までにない新しい酒米を開発!120号&121号でどんなお酒が醸されるのか?

掲載

近年、日本酒造りに向いた酒造好適米は、各地で様々な品種が開発され、多くの蔵が地元のお米を使った酒造りに力を入れています。全国有数の米所として知られ、「新政」や「雪の茅舎」、「まんさくの花」など数多くの銘酒を生み出した秋田でも新たな酒造好適米作りに力を入れています。

“美酒王国”秋田が今までにない新しい酒米を開発!120号&121号でどんなお酒が醸されるのか?

3月7日に東京で開催された「秋田の酒きき酒会」において、秋田県農業試験場と秋田県総合食品研究センター醸造試験場が共同開発した「秋田酒120号」と「秋田酒121号」を使って試験醸造された日本酒の試飲が提供されました。

同県内オリジナルの酒造好適米の開発は2004年の「秋田酒こまち」以来。「120号」は2001年に、「121号」は2010年に開発を開始しました。どちらもすでに品種登録出願はされています。これまでの同県になかった「味に膨らみがありつつも淡麗なタイプ」(120号)と「後味に膨らみがあるタイプ」(121号)となっています。

「120号」は「新潟酒造72号(超淡麗)」と「秋田こまち」を交配。味わいのベースは「五百万石」の綺麗で淡麗なタイプで、後味が控えめで膨らみます。タンパク質は「秋田こまち」と同じくらい低いので、酵母の特徴を素直に引き立ててくれます。

“美酒王国”秋田が今までにない新しい酒米を開発!120号&121号でどんなお酒が醸されるのか?

「121号」は「秋系酒718」と「美郷錦」を交配。どちらも“酒造好適米の王様”「山田錦」の系譜に連なる秋田県産の酒造好適米です。吟醸酒は香味が華やか、これまで出せなかった後味の「膨らみ」が特徴で、タンパク質も低くて雑味が出にくいです。同県内の酒蔵はこれまでは同県外産の「山田錦」を使用していましたが、吟醸系の酒造りを中心に鑑評会への出品酒での代わりとなる活躍が期待されています。

“美酒王国”秋田が今までにない新しい酒米を開発!120号&121号でどんなお酒が醸されるのか?

“美酒王国”秋田が今までにない新しい酒米を開発!120号&121号でどんなお酒が醸されるのか?

すでに「雪の茅舎」や「高清水」、「秀よし」など同県内の酒蔵の協力を得た試験醸造酒が何種類も登場しています。秋田の酒にさらなる広がりをもたらすであろう2種で醸した日本酒の動向に注目です。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

乃木章

乃木章

小説家/ライター/日本酒唎酒師/鶴ヶ島まちおこし委員会会長。
地元の酒屋さん「キングショップ誠屋」眞仁田社長との出会い日本酒を飲み始める。お酒は苦手だったのに、日本酒が好きになって以来、地元を中心に日本酒好きな人を増やそうと月1で日本酒イベントを開催している。
@Osefly

カテゴリー

スタッフ募集