日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

純米酒 やまとしずく 夏のヤマト

掲載

【季節で味わう日本酒】純米酒 やまとしずく 夏のヤマト

日本酒の銘柄の中で、個人的に大好きなのが「やまとしずく」です。

あの有名な「出羽鶴」や「刈穂」と同じ「秋田清酒株式会社」が造っている日本酒なのですが、その二つとはちょっと違うテイストを持っています。

そして今回、【季節で味わう日本酒】シリーズ3本目に選んだのは、「やまとしずく」が造る夏酒「夏のヤマト」。

本記事では「やまとしずく」が大好きな筆者が、「夏のヤマト」のレビューだけではなく、その魅力を引き出す楽しみ方も合わせてご紹介します。

「やまとしずく」その魅力とは

私が初めてこのお酒に出会ったのは今から四年前、ちょうど今のこの暑い時期に「やまとしずく 純米吟醸」を味わいました。

その時のことを、今でもよく覚えています。

私が好むのは「濃厚旨辛口」の日本酒なのですが、やまとしずくははっきり言ってその真逆でした。どこにも嫌味がなく、なのに旨みはしっかりある。爽やかで軽やかな辛口で食事の邪魔を一切しない。

「やまとしずく」の魅力は、「酒自体が主張しすぎないこと」にあると思います。毎日のどんなシーンにも上手にはまり込む、そんな素直さがファンを虜にしているのでしょう。

じりじりと焼きつく夏の太陽のように

【季節で味わう日本酒】純米酒 やまとしずく 夏のヤマト

そんなやまとしずくのお酒にあって、面白い表情を見せてくれるのが「夏のヤマト」です。

香りはさらっとしていて悪く言えば個性がないのですが、口に含めばその印象は一新!

「じりじりと身を焦がす真夏の太陽のように」、舌の上でびりびりとお酒が踊ります。

発泡まではいかないのですが、心地よい酸味とともに口の中でお酒が暴れるような感覚です。後味はほんのり辛く、やまとしずくならではの嫌味のなさで、香りも味もすっと鼻から抜けていきます。

もっと美味しく「夏のヤマト」を楽しむヒント

「夏のヤマト」は食事とともに楽しんでこそ!お寿司をはじめとして、和食であればどのような物にも合うと思います。

しかし、個人的におすすめしたいのは「ホタルイカの酢味噌和え」です。

みその甘さとホタルイカのコク、そこに「夏のヤマト」の爽快感が加われば、熱帯夜でさえも楽しい時間へと変えることができるでしょう。

・夏のヤマトのデータ

日本酒度+2
酸度1.5
原料米:美山錦
酵母:秋田流花酵母AK-1

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

スタッフ募集