日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

旭川「男山」酒蔵開放2018レポート 後編

掲載

2018年2月11日に行われた「男山」酒蔵開放2018レポート後編です。会場到着早々からさまざまなお酒を楽しんだ筆者は、次に「日本酒にぴったりなおちょこ」を見つけました。

短いながらも濃厚な時間を過ごした酒蔵開放、お酒以外の楽しみ方について紹介します。

「渓雪窯」のおちょこを購入
立ち並ぶテントの中で、日本酒・食べ物以外のものを見つけました。それがこちらの「渓雪窯」さんです。

旭川「男山」酒蔵開放2018レポート 後編

日本酒を飲む器がちょうどほしかったので作品を見ていると、思わずひとめぼれしてしまったのがこちらです。

旭川「男山」酒蔵開放2018レポート 後編

道東から旭川に向かう間にある「層雲峡」、私は昔からここが恐ろしく苦手でした。峠の中にあるひと気のない温泉街、林立するホテル。夏は深く濃すぎる緑が谷の奥深くまで続き、冬は寒さがより一層厳しく感じる雪景色。

この器を見たとき、私には層雲峡の深い色合いと輝く雪の美しさを映しているように見ました。あれほど苦手だったあの景色が、この器によって昇華されたような、そんな気さえ覚えたのです。一目で心を奪われる焼き物は初めてでしたので、とても感動しました。

「渓雪窯data」
〒070-0822旭川市旭岡2丁目8‐7

限定どら焼きもゲット!
さらに隣のテントでは、酒粕を利用した和菓子が販売されていました。吟醸まんじゅうも気になりましたが、私が購入したのはこちら。

旭川「男山」酒蔵開放2018レポート 後編

パッケージを開封する瞬間に訪れる酒粕の香り!あんの色はほんのり白く、砂糖だけではない酒粕の甘みを感じます。大吟醸の酒粕を利用しているだけあって、2口、3口と食べすすめるとかすかに吟醸香を感じます。どら焼きの皮もふわふわで、酒好き・あんこ好きにはたまらないデザートです。

男山酒蔵開放の感想

旭川「男山」酒蔵開放2018レポート 後編

初めての酒蔵開放で一番印象的だったのが、訪れている人々が心底このイベントを楽しんでいる、そのことがダイレクトに伝わってきたことです。行き交う人々の表情はみな晴れやかで、地元の方々に愛されている酒蔵であることがわかります。酒蔵のスタッフもみなさんとてもやさしく、敷地を出るその時まで気持ちよく過ごすことができました。ありがとうございました。

子どものはしゃぐ声に仲間同士で飲む男性の笑い声、時折寒い風が吹いても「なんのその」とお酒を楽しむ女性陣。会場を包む多くの人のやさしさが胸に響き、自宅についても心地よい余韻が残りました。

道内在住の皆さんはもちろん、本州の皆さんもぜひ「動物園だけではない旭川」を楽しみに、2019年の男山酒蔵開放へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

前編はこちら

男山株式会社data
〒079-8412
北海道旭川市永山2条7丁目1番33号
http://www.otokoyama.com/

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

スタッフ募集