日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

純米吟醸 裏阿櫻 COOLラベル

掲載

【季節で味わう日本酒】純米吟醸 裏阿櫻 COOLラベル

【季節で味わう日本酒】シリーズ、2本目にご紹介するのは本来秋酒である「裏阿櫻」の夏酒、「裏阿櫻 クールラベル」です。

純米吟醸でありながらお財布にも優しい価格帯。我が家いきつけの酒屋さんにておすすめ品となっていたので、今回初めて購入し味わってみました。

「阿櫻」と「裏阿櫻」

「阿櫻」を作っている「阿桜酒造」は、雪深く寒い秋田の気候を生かしたお酒造りをしています。

「阿櫻」の仕込みは冬に行われ、低温でじっくり時間をかけて発酵させることでこのお酒特有の華やかさを生んでいます。

そして秋田県産の酒米を用い、殆どのラベルが辛口でバランスのいい酸味を持つのが特徴です。

そんな阿櫻の中でも、秋の限定酒「裏阿櫻」の評判は特に高く、さらにその番外として瓶詰めされたのがこちらの「COOLラベル」になります。

「裏のさらに番外」この味は確かに他にはない!

【季節で味わう日本酒】純米吟醸 裏阿櫻 COOLラベル

常に新しいお酒を探している私にとって、このお酒との出会いはとても刺激的なものになりました。

香りはしつこくなく、純米吟醸ならではのきらびやかさはあるものの、お米らしさはほとんど感じることができません。

「よくある白ワイン系かな?」と香りからイメージしたのですが、口に含むと全く想像していなかった味わいに心を撃ち抜かれます。

爽やかな酸味、バランスのいい苦み、まるで果実をかじった瞬間のようなジューシーさ。

このお酒の味をグレープフルーツと評する人もいるようですが、個人的には「文旦」だなぁと思いました。

海外のフルーツというよりは、より控えめで刺激の少ない和の果物といった趣があります。

もっと美味しく「裏阿櫻 COOLラベル」を楽しむヒント

この日本酒は、食前酒としても食中酒としても優秀です。

強すぎない酸味と後に来る苦みは、夏の食卓に丁度いい華やかさをもたらしてくれるでしょう。

薬味たっぷりの冷やし天ざる、キスの天ぷら、ナスやキュウリといった夏野菜の浅漬けなどと味わうとより美味しく飲むことができそうです。

暑くて食欲がわかないときでも、このお酒と一緒に薬味たっぷりの食事を楽しんでみてください。

・「裏阿櫻 COOLラベル」のデータ

日本酒度:非公開
酸度:非公開
原料米:秋田県産好適米
酵母:秋田純米酵母

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

スタッフ募集