日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

男山 秋酒 北海道限定 特別純米生酒

掲載

【季節で味わう日本酒】男山 秋酒 北海道限定 特別純米生酒

ラベルに大きく書かれた「秋」の一文字。北海道は旭川市にある「男山株式会社」にて、北海道限定品として販売されているのが「男山 秋酒 特別純米生酒」です。

私は生まれも育ちも北海道でして、もちろん「男山」の名前はよく知っていますし、人生の中で何度となく味わっています。

しかし実はひやおろしは飲んだことがなかったので、とても楽しみにしていました。

今回は、旭山動物園で有名な、旭川の「男山」をじっくり紹介していきたいと思います。

北海道の地酒の中でも甘口の男山

北海道の地酒は普段より好んで飲んでいるのですが、その多くがすっきりとした辛口で、北海道の魚介類には良く合います。

しかしこの「男山」はその他の北海道の日本酒とは異なり、コクが深くさらにほんのり甘みを帯びているのが特徴です。

日本酒データを見ると辛口となっているのですが、個人的にはどれも甘めだなと感じています。魚介類よりは、鹿肉やカモ肉などのジビエと合いそうな雰囲気です。

「限定」ならではの飲みやすさがある

【季節で味わう日本酒】男山 秋酒 北海道限定 特別純米生酒

さてそんな甘い「男山」、個人的には頻繁に飲めるお酒じゃないと感じているのですが、このひやおろしはかなり飲みやすい仕上がりとなっていました。

「男山」独自の香りや甘みは薄まり、さらっとした酒質が舌の上にのってきます。やはり後味は甘口に感じますが、米の香りもほどほどに「するん」と飲めるのが面白いですね。

北海道のお酒はどれもキリッとクリアなのに対し、「男山」は常にそれとは違った独自路線をひた走っている印象です。

食中酒というよりは、お腹いっぱいご飯を食べた後にのんびりと「秋の夜長を楽しみながら」飲みたくなるお酒でした。

もっとおいしく男山を楽しむためのヒント

最初に少し触れましたが、「男山」と合わせるのなら、断然魚介よりも肉類です。特に癖がありながらもさっぱりとしている鹿肉やラム肉、カモ肉などが最高にマッチすると思います。

スモークされている肉類であれば、さらに幸福感が増しそうです。

または赤身肉を焼き、肉汁の残ったフライパンにバターとニンニク、アルコールを飛ばした赤ワインにローズマリー、最後に醤油をほんのり焦がして入れたソースを合わせると抜群に美味しくなるでしょう。

ちょっとだけ贅沢を味わいたい、そんな夜にぜひお試しください。

「男山 秋酒」のデータ

日本酒度+4
酸度1.6
原料米:国産米
酵母:不明

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

日本酒蔵一覧

NO IMAGE
五町田酒造 佐賀県 東一(あづまいち)
米澤酒造
米澤酒造 長野県 今錦 新今錦伝
天寿酒造
天寿酒造 秋田県 天寿 鳥海山
老田酒造
老田酒造 岐阜県 鬼ころし
尾崎酒造
尾崎酒造 青森県 安東水軍 神の座 ブナの白神 岩木川 白神のしずく
小山本家
小山本家 京都府 世界鷹
永雄酒造
永雄酒造 京都府 旭桜
藤波酒造
藤波酒造 富山県 藤波
盛田庄兵衛
盛田庄兵衛 青森県 駒泉 作田 雪中八甲田
天吹酒造
天吹酒造 佐賀県 天吹
NO IMAGE
中埜酒造 愛知県 國盛
小江戸鏡山酒造
小江戸鏡山酒造 埼玉県 鏡山
宇都宮酒造
宇都宮酒造 栃木県 四季桜
松屋酒造
松屋酒造 群馬県 當選 流輝(るか)
NO IMAGE
加茂川酒造 山形県 日の出加茂川
スタッフ募集