日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

龍勢 ひやおろし全量雄町 純米原酒

掲載

【季節で味わう日本酒】龍勢 ひやおろし全量雄町 純米原酒

今年は秋酒を何本空けることになるのか、というほど様々な酒蔵の日本酒を楽しんでおります。

今回は、広島県の「龍勢」を紹介していきますが、このお酒、いつもお世話になっている酒屋さんにて「強烈」というお話でしたので、開栓するのを大変楽しみにしていました。

さてこの「龍勢」、どのように強烈だったのか詳しく解説していきたいと思います。

広島の酒はうまいという話

「広島の酒はうまい」という話、広島県に住む方からは以前より聞いていました。

広島の日本酒で有名なものといえば「雨後の月」や「竹鶴」などもありますし、今回の「龍勢」も人気銘柄の一つです。

いずれにも言えることは「個性派」、流行を追うというよりは独自の路線を邁進するイメージがあります。確かに広島の酒は、「骨のある日本酒が好き」な人にはたまらなくおいしい日本酒と言えるでしょう。

主張がすごい日本酒

【季節で味わう日本酒】龍勢 ひやおろし全量雄町 純米原酒

グラスに注いだ「龍勢」は、意外にも無色透明でした。しかし日本酒ならではの、米のまったりとした香りを放っています。

飲んでみると、酒屋さんが「強烈」と言っていた意味がすぐに解りました。

びりびりと口の中に稲妻が駆け抜けていくような、それでいて旨みの深さはほどほどに、薄く伸びていく。

ラベルに浮き彫りされた龍のごとく、口から胃までを焦がすように辛口の日本酒が流れていきました。

あっという間にグラスを空け一言、「これはうまい!」。

これが話題の酒造好適米「雄町」の実力なのか、としばし脱帽しました。雄町好きを「オマチスト」と称するそうですが、この酒米に取りつかれる気持ちはわかりますね。

もっとおいしく龍勢を楽しむためのヒント

【季節で味わう日本酒】龍勢 ひやおろし全量雄町 純米原酒

広島といえば海産物、特に牡蠣が有名です。今回、私は網走でよく水揚げされる「おおみぞ貝」というホッキに似た貝をつまみにセレクトしました(写真右側)。

広島のお酒だから貝が良さそうだ、なんて単純な理由だったのですが、本当に貝と良く合い、お酒もつまみもおいしくいただくことができました。

みなさんも、「龍勢」を飲むときには甘みや旨みの強い魚介類と合わせてみてください。「龍勢」のくどすぎない味わいと、あっさりとした魚介の風味が上手にマリアージュしてくれます。

「龍勢 ひやおろし全量雄町」のデータ

日本酒度+9
酸度2.1
原料米:雄町
酵母:協会7号酵母

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

スタッフ募集