日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

【コラム】妄想日本酒恋愛①

掲載

特別は日常の中に

日本酒は自分にとって「特別な一本」を見つけやすい。
ちなみにこの場合の特別な一本とは、希少価値や高い酒…という選別ではない。
日本酒には、地域の伝統や歴史、文化があり、造り手の顔が見える。故に、醸される一本
のストーリーを知ることができる。
そこに自分を重ね合わせると、自分にとって特別な一本がおのずと見つかってくるのだ。
例えるなら、失恋した時に必ず聞く、ラブソングのようなもの。

【コラム】妄想日本酒恋愛①

また、その日本酒と出会ったシチュエーションが強く印象に残っていたり、人生の転機に
飲んだ一本だったり…そういったところからも自分にとって特別な一本になる。
簡単に言うと、「あの時飲んだあの酒が忘れられない」というヤツだ。

【コラム】妄想日本酒恋愛①

特別な一本は、特別であったとしても、私たちの日常にいくらでも転がっている。

飲まずして恋に落ちた瞬間

数ヶ月前のこと。
働く環境が変わって、初の酒蔵取材同行。
場所は新潟県中越にあります魚沼酒造株式会社。
酒蔵や取材自体は初めてではなかったものの、初めて受ける会社からの酒蔵取材。
それなりに緊張もしていた。
しかも当日、先輩ライターさんが取材ノート忘れ一気にのしかかるプレッシャー。
まして、実はこれまで全然知らなかった酒蔵さん。
代表銘柄「天神囃子(てんじんばやし)」ですら飲んだことがなかった。
頭の中は軽くパニック。
しかし、取材を通していろいろ分かったこと。

【コラム】妄想日本酒恋愛①

この天神囃子という日本酒の名の由来は、この地方で唄い継がれてきた祝い唄の名前。も
ともとは稲作豊穣を祈願する神事唄が、その後蔵開きや田植え、建て前や結婚式などお祝
いの際に唄われるようになり、祝い酒として地元の人たちから親しまれてきたとのこと。
聞けば、誕生は私の生まれた年!
年齢がバレる(笑)からあえて省くが、自分が生まれた年に誕生した銘柄と聞いただけで親
近感が湧いてくる。ましてそれが祝い酒というなら尚更嬉しくなる。
まるで、この瞬間。新しい仕事にエールを送ってもらっているような…そんな錯覚と共に
恋に落ちた。
夜に帰社し、お土産で頂いた天神囃子をすぐに会社の仲間と開けた。
格別に美味しかった。

【コラム】妄想日本酒恋愛①

来年の誕生日は、二人で一緒に乾杯しよう!
※魚沼酒造㈱のお酒は新潟市内の酒屋さんでもあまり出回っていませんが、楽天等ネット
ショップに出店しているので全国どこからでも購入できます。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター ヨシコ

ヨシコ

Webライター/猪口っとライター
新潟県新潟市在住。
飲食店勤務経験から日本酒にハマり、日本酒に関する記事に携わる。
ただし、酒にはめっぽう弱い下戸。

スタッフ募集