日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

菊水酒造がAlc.77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を発売スタート

掲載

清酒「菊水」「四万十川」、焼酎「空海」、ミードなどをつくる菊水酒造が(高知県安芸市)が、2020年4月10日からアルコール度数77度の高濃度スピリッツ「アルコール77」を発売開始することを発表しました。

<「アルコール77」商品概要>

  • 原材料:醸造アルコール、香料
  • アルコール度数:77度
  • 発売日:4月10日
  • 価格:希望小売価格1,200円(消費税抜)
  • ※385円/本を含んでいます。

消毒用アルコールと同等のアルコール77度ですが、消毒・除菌用ではなくあくまでも飲用に製造されたものとしています。
オフィシャルHPには、

4月10日より順次出荷開始予定で、ネット上でもご注文頂けるよう準備を進めております。

【kikusui@tosa-kikusui.co.jp】宛にメールにてお名前・お電話番号・ご住所・ご希望本数等 を送付くださいませ。

ネット上でご注文頂けるようになり次第、ご案内させて頂きます。

と示され、時世により高い注目を集めていることがうかがえます。

 

代表取締役社長である春田和城氏は、「当社は、2018年7月豪雨により甚大な被害を受けましたが、各方面から多大なご支援をいただきました。当社の有する製造設備等を活用して、皆様のお役に立てる製品を提供することで、恩返しにつながればと考えたものです。今後も各界のご指導のもと改善を尽くした製品を順次製造して参りたいと存じます。」とコメントしています。

 

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の魅力を発信するさまざまな活動をおこなっています。 全国の酒蔵を巡り取材をしWebや雑誌への記事執筆、カルチャースクールのセミナーや講演、酒蔵での酒づくり、各地の酒場での女将業など、場所と手段を超えて日本酒のおいしさと、地域文化の魅力を伝えています。北海道出身。東京と兵庫の二拠点生活中。
Instagram オフィシャルHP

カテゴリー