日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

兵庫の酒を飲むならココ!姫路の旅行者・出張者の強い味方~試(こころみ)【兵庫県姫路市】

掲載

2011年(平成23年)10月1日という日本酒の日にオープンされた「試(こころみ)」は、駅ビルであるビエラ姫路の1階にあります。日本酒の立ち飲み屋…というよりショットバーといった風情のこの店は、兵庫県のあらゆるお酒が集められていて、姫路駅の南口改札を出てすぐにあって、安くて、平日は13時、週末は12時からオープンしています。…と4拍子も揃ってしまえば、地元の人だけでなく、出張者や旅行者から支持されているのも納得です。

 

卸問屋がやっているからこその、安心の品揃えと品質

これだけのお酒が、それぞれ安く飲めるのには理由があります。姫路市内にある酒類・食品卸の光明兼光本店がプロデュースしているから。だから安いだけでなく、品質の管理もきちんとしていますし、商品知識も豊富です。県内の隅々をまわり、集められた酒の数は250種類を超えており、「試」以外ではなかなかお目にかかることのできない日本酒もなかには存在しています。

 

楽しみながら選べるタッチパネル式注文

カウンターに設置されたパネルをタッチして、オーダーします。「味わい」「酒質」「アルコール度数」「銘柄」「蔵元」「価格」、それからずらっと並べられた瓶をみてジャケ買い、ならぬラベル注文ができる「番号」ボタンもあります。「タッチパネルは苦手」「相談しながら選びたい」というかたは、直接スタッフさんとやりとりしてセレクトすることも可能なので、安心です。

 

気軽にさまざまなお酒を試すことができる。まさに「試」

日本酒はだいたい100円~600円のあいだ。おつまみは、枝豆、豆腐、柿ピー、ひねポンなど、こちらもだいたい100~300円程度とリーズナブルな価格。注文したお酒には、それぞれの情報が載ったカードをつけてくれるから「姫路で飲んだあのお酒おいしかったけど、何だったか?」ということもなく、安心です。

カードについているQRコードを読み取って、携帯電話から会員登録すると、飲んだお酒が登録でき記録されていきます。1種類のお酒で1ポイント加算されていき、ポイントがたまると達成記念品がもらえます!

  • 20ポイント…おつまみ券 2枚
  • 50ポイント…純米酒300ml 1本
  • 100ポイント…純米酒720ml 1本
  • 200ポイント…純米吟醸酒720ml 1本
  • 250ポイント…純米大吟醸酒720ml 1本 と認定書

 

同じお酒を飲んでもポイント加算されないので、認定書を受け取るかたは、兵庫県中のお酒を飲んだことになるでしょう。

 

自宅用の酒や土産物、贈り物のお酒はなにを選んでよいかわからないもの。人からオススメされても、自分で飲んでいないと、渡すときにも、その後も「どうだっただろうか」「大丈夫だったかな」とドキドキします。そんなときに「試」のようなお店があれば、気軽に試してみてから、自信を持って日本酒を手にとることができますよね。そんな普段使いはもちろんのこと、新幹線のちょっとした待ち時間に日本酒好きは一杯、お酒が苦手なかたはソフトドリンクを飲みながら、時間をつぶすことができます。姫路にいったら立ち寄るべき一軒、として覚えておいて損はないでしょう。

 

<店舗データ>

試(こころみ)

  • 住所:姫路市南駅前町ビエラ姫路1階
  • TEL 079-280-6172
    営業時間:平日13:00~21:00 土日祝12:00~20:00
    定休日:月曜日
    1人当りの予算(目安):2,000円

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。

日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。

地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト
飲食店向け日本酒バイヤーや日本酒BARの看板娘を経て、「とっておきの1本をみつける感動を、多くの人に」という想いから初心者向けのイベントやセミナーの主催や記事を執筆。昭和59年度生まれの5人の酒蔵跡取りが集結した信州59年醸造会、通称「59醸(ゴクジョウ)」にサポートメンバーとして参加するなど活動の幅を拡げている。
寒さに弱い北海道出身。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集