日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

HAPPYヤケ酒という日本文化【友美の日本酒コラム012】おとついからの二日酔い

掲載

小料理屋のカウンターに女将として立っていたある日、日本人数名とアジア系アメリカ人のお客様が目の前で飲まれていました。目じりのお化粧も落ちそうなほど大笑いしながら、冗談を言い合っている中で、日本人のお客様が「じゃあ、今日はヤケ酒だなぁ!ハハハ!」とおっしゃいました。アメリカ人のお客様は、日本の文化や言葉をよく知っているかたですが、聞き慣れない言葉に目を丸くします。

「ヤケザケってなに??」

「ヤケ酒っていうのは仕事で辛いことがあった時とか、失恋した時とか、上手くいかないことがあったり、落ち込んだ時に「お酒を飲んで忘れよう!」って感じ。」「その時飲むお酒や、その行為のことを”ヤケ酒”と呼ぶよ。」拙い英語を駆使し、総出で説明をします。

「あぁ、なんとなく意味がわかった。」と言うより次に、「え?じゃあすごく悪い、やけっぱち、捨て身っていうことだね。それは最悪の状況だね。バーの片隅でアル中みたいに飲んでる感じ?」そう言って顔を思いきりしかめますが、あくまでも彼のちょっとした失敗談に対する冗談めいた表現だったので、わたしたちはまた閉口し、「うーん?」と考え込んでしまいました。

※(出典:デジタル大辞泉)ヤケ酒・自棄酒・・・やけになって前後の見さかいもなく飲む酒。(出典:精選版 日本国語大辞典)やけになって飲む酒。思うとおりにならなくて、自分で自分を痛めつけるようにして飲む酒。

居酒屋のカウンターの端っこでひとり、絶望しながら「べらぼうめ…」とかブツブツ言って、ひたすら酒を煽っている――なんていうステレオタイプな”ヤケ酒”している人は今どきそう見かけません。いや、まったくいないかっていうとそうでもないかもしれないけど、なんとなく深夜食堂だったり、昭和のドラマっぽい気がする。今はもっとライトに「今日はヤケ酒だぁ!」なんて使われている気がするのです。

 

もとい「ふんっ、ヤケ酒しちゃうもんね!」とさほどでもない悲しみの局面で気軽に主張することで、すでにストレス発散しているのかもしれません。友だちだって「それなら付き合うぜ!」と優しくできるってもんです。その日飲む口実にもなります。店側の人間だって、常連さんがちょっと寂しそうに酒を傾ける日には、放っておけず、優しくしてあげたいな、元気出して欲しいなって思っちゃいます。人に聞いてもらったり、優しくしてもらえばそれだけでスッキリすることもあります。

そんなわたし達の、”ヤケ酒”という言葉の遣い方をようやく理解したアメリカ人の彼が、満面の笑みでひとこと。

「Oh!HAPPYヤケ酒!」

「なるほど!(笑)」

手を叩いたり、膝を打ったりしながら、わたし達はまた笑い合います。真逆の意味合いの日本語と英語がくっついたヘンテコリンな言葉だけど、たしかに最悪な『Terribleヤケ酒』と嫌なことからの切り替えとしての『HAPPYヤケ酒』が存在するのかもしれません。ヤケ酒と聞いただけでは、そこまで深刻だとは思わない。その日限りのものかなって思える。ちょっと自虐的な日本ならではの文化なんですかね。海外ではない文化なのかな。日本の文化・ヤケ酒セラピー、とでも言えるかもしれません。だからって毎週「今日はヤケ酒だぁ!」なんてことがないよう、ほどほどに。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の持つ味わい、文化、食事との相性、風土、歴史、人情など様々な日本酒の楽しみ方を提供。記事の執筆、イベントやセミナー講師および主催、日本酒専門店の女将としての接客業務など多角的な活動を通じて、日本酒のおいしさと日本文化の豊かさを伝えている。現在兵庫県の山陽盃酒造にて蔵人として酒づくり中。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集