日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

『今宵にほんしゅ三昧』”越後鶴亀ワイン酵母仕込”と星野源と。

掲載

 

去年、わたしの同級生が亡くなりました。
北国の雪のように色白で、大らかな性格を現すように、

背が高くて大きな身体の割にのんびりとした女の子。
そして、いつも柔らかな笑顔を身につけた子でした。

 

別の友人から訃報を受けた時

わたしの頭の中には、梅酒のお湯割りをのむ彼女の姿。

そんな時までお酒のことを思うなんて、本当病気というか、性分というか…。

職場で倒れ、そのまま還らぬ人となったという初夏の突然の出来事に、

受け止めきれなくて、どうにか現実逃避をしていたのかもしれません。

 

 

あの子、お酒がさほど強くなくて甘党だったから、

わたしのどうでもいい記憶の中で彼女は、ゆっくり梅酒のお湯割りを飲んでいます。

思いだすのは、中目黒。
もう何年も会っていなかったのに、彼女が研修のため上京した時
突然会うことになって、お互いの近況と将来について語り合ったことです。

「日本酒の仕事か、かっこいいねぇ。」
そう言う彼女は、希望の人道支援の仕事についたというのに笑顔が曇っていて、

口から出る前向きな言葉と表情のアンバランスさが気に掛かり、

なにか足しになればと本を贈ったりしましたが、
次に会ったのは棺の中、昔のように朗らかに微笑む彼女。

その笑顔から曇りはすっかり失われていたから、
私たちでは計り知れない呪縛から解放されたのかもしれない、と
キョトンとしている彼女の愛娘を眺めながら、なんとか自分を納得させたのでした。

 

 

葬儀中いくつもの歌が流れ、

「歌が好きで、いつも音楽に囲まれてたっけなぁ」と誰が言うでもなく、

共感する場内はまるで映画のエンドロールのようだったのをよく覚えています。
その中でも特に、葬儀でかけるには歌詞があまりに印象的だった1曲

あとから調べると、星野源の「知らない」という曲だったから、
あれ以来わたしの記憶で彼女は、
梅酒のお湯割りを「知らない」を聞きながら呑み、顔を赤らめて微笑んでいるのでした。

 

  • 寂しいのは生きていても
    死んでいても
    同じことさ
  • 止まる 胸の音に
    高く高く響く 思い出がある
    さよならもまだ言えないで
    闇の中歩く 君がくれた終わり
  • その先に
    長く長くつづく 知らない景色
    さよならはまだ言わないで
    物語つづく 絶望のそばで
    温もりが消えるその時まで

 

越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸
  • 越後鶴亀株式会社(新潟県 新潟市)

 

「ねぇ、このお酒をどんなシチュエーションで呑みたいかな?」
わたしが持ちこんだ遊びに、夫が付き合って答えます。

 

「デートかな?洒落た場所で、女性にのんで欲しいな。」

「わたしは、ある女の子に自宅で話しながら勧めたいの」

 

 

女の子に飲んでもらいたいお酒、と一致した今回の1本。

 

ワイン酵母を使った甘酸っぱい日本酒。
夫は「単体でのみたい」といい、

わたしは「チーズなど洋食とあわせたい」と感じた力強い味わい。
白ワインよりも酸味がきつくないから、柔らかく甘く、唾液と溶け合う旨味の1本。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わたしは、
「梅酒が好きだった彼女のためにロックか、加水してお燗にしても良いかもしれない。

ワイングラスに注いで。

あわせるなら、わざと洒落てチーズとかキッシュとかオリーブとか。
ブルーチーズだって面白いかもしれない。」
呑んでからずっと、そんなことを思い巡らせていました。

 

デザートワインや洋酒のようであるけど、このお酒は日本酒。
日本酒は分類上の名を、清酒。
清めの酒なら、いまは遠い場所にいる彼女に贈るのにも相応しいかもしれない。

 

こうやってサヨナラも言わないまま、寄り添って

彼女とわたしの物語は続いていきます。

 

 

友美

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の持つ味わい、文化、食事との相性、風土、歴史、人情など様々な日本酒の楽しみ方を提供。記事の執筆、イベントやセミナー講師および主催、日本酒専門店の女将としての接客業務など多角的な活動を通じて、日本酒のおいしさと日本文化の豊かさを伝えている。現在兵庫県の山陽盃酒造にて蔵人として酒づくり中。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集