日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒に欠かせない「酒盗」「なめろう」などの由来とは?

掲載

日本酒に欠かせない「酒盗」「なめろう」などの由来とは?

日本酒に欠かせないおつまみに関わらず料理の名前には由来が存在します。
その中でも特に日本酒に合うおつまみである「なめろう」「酒盗」「ままかり」の由来などは面白いものが多いです。
そこで今回はそれらの酒の肴の由来を紹介したいと思います。

アジと味噌が絶妙「なめろう」

千葉県房総半島の名物である「なめろう」はもともと船の上で作られていたという漁師飯です。
新鮮な魚をおろして味噌や香味野菜と一緒に叩いて粘り気が出たら完成です。
こちらの由来としては二つあります。
一つ目は「なめらかな舌触り」ということから名付けられました。
二つ目は「皿を舐めるほど美味しい」ということから名付けられたようです。
なめろうは最後の一口まで無駄にしたくないほど美味しいので納得です。

酢が効いて美味しい「ままかり」

岡山の名物料理である「ままかり」はサッパ(ニシン科)の小魚のことを指します。
これに塩をふり酢で漬けたものを「ままかり」と呼びます。
由来としては「まま(飯)を借りに行くほど美味しい」ということから名付けられたそうです。

日本酒のアテの王道「酒盗」

酒盗とは魚の内臓などを柚子や唐辛子で漬け込んだ塩辛です。
高知県と鹿児島県の名物でどちらも日本酒の産地として有名です。
由来としては「酒を盗んででも食べたい」ということから名付けられたと言われています。

食の由来は奥が深い

食の名前の由来は面白いものが多く、由来だけでなく豆腐を冷奴と呼んだりなどまだまだ面白い由来や説が眠っています。
これらを知りながら日本酒を飲むのもいいかもしれませんね。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

白根佑一

白根佑一

フリーライター兼ブロガー。
食品系の大学を卒業し、コンビニのお弁当、おむすびのレシピやアイデアを考える商品開発職として働く。
独立後は、コンビニの商品開発経験やフードスペシャリスト、食品衛生管理者の資格を生かして食やお酒についての情報発信を行っている。
特に日本酒とワインが好きで日本全国のうまいものとお酒を飲みながら旅をするほど食と生活が一体化した生き方をしている。日本三大酒どころの広島県出身。

スタッフ募集