日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

地酒を楽しむということ

掲載

地酒を楽しむということ【日本酒談義】

今回から、「季節で楽しむシリーズ」のほかに、「日本酒談義シリーズ」を始めたいと思います。

日本酒に対する思いやこだわりは人それぞれあり、それは各個人にとってはとても大切なものです。

日本酒だけではなく、アルコール類は「流儀」や「知識」を尊重され、「うんちく」ばかりが流れていく風潮にありますが、個人的には「お酒は肩の力を抜いて楽しむもの」と感じています。

「日本酒談義シリーズ」では、もっと各々が自由に日本酒を楽しむために、時にはあえて尖った意見も述べていきますが、私と語り合う気分でゆっくりとご覧ください。

日本酒ブームの先にあるもの

日本酒の一大ムーブメントを作り上げた、それぞれの酒蔵の努力は計り知れないものがあるでしょう。

ただその反面で、「流行を追いすぎてしまう」風潮も作り上げてしまったのではないかと個人的には感じています。

しかしこれは、日本酒をもっと身近なものに、もっと楽しめるお酒にするという部分において大成功を収めた、その結果です。

一種の「日本酒ブーム」とともに年齢を重ねた私からすると、このムーブメントは一見「日本酒の間口を広めた」ようでいて、大量の「うんちく好き」も生み出した気がします。

実際、日本酒を好んで飲んでいると、「味よりも知識」を大事にしている人と出くわすことが多くなってしまったのは少し残念に思います。

このブームが進むと、例えば高級ワインのように「なんとなく敷居が高い」と感じ、日本酒にチャレンジしてみようという層が減ってしまうのではないか?と個人的には懸念してしまうのです。

日本酒はもっと気楽なもの

日本酒は日本伝統のアルコールですから、「日本人である私たちは気楽に日本酒を楽もう」、と私は提案します。

その第一歩として、もっと地酒を愛してみませんか?

「全国的に有名な酒蔵の」、「手に入りずらいプレミアムな」、「限定醸造」、などというフレーズばかりを追い求めず、時には立ち止まってすぐ足元を見てください。

地酒が素晴らしい点は、地物のうまいものと良く合うということです。地元の人間が集まって、おいしい名産品やグルメの横に、慣れ親しんだ酒蔵の地酒。または毎夜の晩酌に、季節ごとに楽しめるつまみと地酒というのもいいですね。

肩の力を抜いて地酒を楽しんでみると、また新たな日本酒の魅力に気付き、さらに虜になることでしょう。

今夜から、「誰かに羨ましがられるためではなく、自分の舌を喜ばせるために」日本酒を選んでみませんか?

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

あんころもっち

あんころもっち

フリーライター/WEBライター
2017年よりフリーライターとしてWEBを中心に活動中。10年来の趣味でもある「お酒」のレビューが得意。個人ブログでは日本酒以外のレビューも掲載。
日本酒は濃厚旨辛口が好み。古酒から流行りの銘柄まで、気になったものは取り寄せてでも飲み、個人的主観でレビューしていきます。

Twitter
ブログ

カテゴリー

スタッフ募集