日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

【コラム003】日本酒の醸造年度。BYってなぁに?

掲載

 

こんにちは、友美です。

ボジョーレヌーボも解禁され、陽だまりの恋しい時期となりました。

今年も、もう終わりが見えてきましたね。やり残したことはありませんか?

わたしは、「年内あともう1回キャンプで熱燗をつけたい!」と思っています。

atsukan

 

【醸造年度~BYって?】
年のおわり、と言えば

日本酒にまつわる”年の区切り”には様々なものがあります。

暦年(1月1日~12月31日)
会計年度(4月1日~翌3月31日)
米穀年度(11月1日~翌10月31日)

 

そして今回の、醸造年度(7月1日~翌6月30日)です。
製造年度、酒造年度ともいい、

英語にするとBrewing Year(ブリュワリーイヤー)と呼ぶので

今つくったお酒なら「27BYのお酒」という具合にあらわします。

 

【どうしてできたの?】
なぜこんなものがあるかというと、

お酒は元々冬の寒い時期につくる。

暦年や会計年度を元にすると、税務監査時にズレが出てくる。

そういうお役所都合で昭和40醸造年度にできました。

by梅の宿 byby

それをわざわざ製品に書くことは、従来あまりなかったのですが

すぐ市場に出されるものや、逆に極端に熟成してから出荷、などという変化により

のみ手の時期への意識が高まった近年、

酒蔵側からのアピールの意味もこめて、記載する例が増えているよう。

 

「このお酒美味しいですね」

「それの22BYもあるよ」などと言われ、
「はて、いつだろう・・・」とわたし自身思ったことから

逆引きの表をお届けします。

【醸造年度と西暦早見票(BY)】

13BY 2001.7.1 2002.6.30
14BY 2002.7.1 2003.6.30
15BY 2003.7.1 2004.6.30
16BY 2004.7.1 2005.6.30
17BY 2005.7.1 2006.6.30
18BY 2006.7.1 2007.6.30
19BY 2007.7.1 2008.6.30
20BY 2008.7.1 2009.6.30
21BY 2009.7.1 2010.6.30
22BY 2010.7.1 2011.6.30
23BY 2011.7.1 2012.6.30
24BY 2012.7.1 2013.6.30
25BY 2013.7.1 2014.6.30
26BY 2014.7.1 2015.6.30
27BY 2015.7.1 2016.6.30
28BY 2016.7.1 2017.6.30
29BY 2017.7.1 2018.6.30
30BY 2018.7.1 2019.6.30

 

ただし、あくまでも税務署が検査したときにBYが決定するので

実際にしぼったタイミングとは誤差がある場合があります。

 

ひとつの目安、のむ際の酒の肴程度に思っておいてくださいね。

 

友美

 

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター 友美

友美

日本酒ライター/コラムニスト/唎酒師/フリーランス女将/蔵人
日本酒アドバイザーや飲食店勤務を経て、現在は「とっておきの1本をみつける感動を多くの人に」という想いのもと、日本酒の持つ味わい、文化、食事との相性、風土、歴史、人情など様々な日本酒の楽しみ方を提供。記事の執筆、イベントやセミナー講師および主催、日本酒専門店の女将としての接客業務など多角的な活動を通じて、日本酒のおいしさと日本文化の豊かさを伝えている。現在兵庫県の山陽盃酒造にて蔵人として酒づくり中。
オフィシャルHP

カテゴリー

スタッフ募集