日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

秋田蔵元集団NEXT5 hyougemono2018

掲載

「NEXT5 hyougemono2018」が発売されて早1ヶ月。
皆さん、もう飲まれましたか?

「秋田蔵元集団NEXT5 hyougemono2018」

NEXT5とは

NEXT5とは、酒どころ「秋田」の伝統革新を志す若手蔵元5蔵から成る人気蔵元集団。
そしてそのNext5が、秋田県の素材(酒米・仕込み水・酵母・人)にこだわり、作り上げる共同醸造酒が毎年話題を集めています。

「白瀑、山本」の山本合名会社、「一白水成」の福禄寿酒造、「新政」の新政酒造、「春霞」の栗林酒造、「ゆきの美人」の秋田醸造の5蔵で構成され、5蔵が毎年交代で各原料をリレー式に分担して醸造を行う共同醸造酒。
1つの銘柄を取ってもとても有名なのに、5蔵がいっぺんに楽しめるとっても贅沢なお酒。

第9弾目となる「hyougemono2018」のホスト蔵は、「春霞」で有名な栗林酒造店で、各蔵の今年の担当はこのようになっています。

原料米: 一白水成(福禄寿酒造)
酵母 : 山本(山本合名会社)
酒母 : 新政(新政酒造)
麹  : ゆきの美人(秋田醸造)
醸造 : 春霞(栗林酒造店)

漫画「へうげもの」とコラボした7000本の限定酒

「秋田蔵元集団NEXT5 hyougemono2018」

NEXT5は共同醸造第6弾から、各ジャンルの有名人とコラボをして醸造を行っています。
今回はモーニング(講談社)で連載された山田芳裕の漫画「へうげもの」とタッグ。
(※「へうげる(ひょうげる)」とは、「ふざける」という意味に当たり、「へうげもの」は「ひょうきん者」という意味の他に、面白い形の品物を指す。 )
それだけではなく、「激陶者集団へうげ十作 with friends」の陶芸家総勢49名が酒盃を制作、日本酒とセット販売されました。

●NEXT5 純米大吟醸720ml
●酒盃 1点(陶芸家の1点もの)
●美麗ブックレット

以上3点セットで、税込価格9,800円!4合瓶でこのお値段、なかなかですよね。
日本酒の入っている箱にも工夫が凝らされており、4面全てに違う絵が描かれています。

4本並べると・・・

「秋田蔵元集団NEXT5 hyougemono2018」

このように障子のふすまのような絵に!箱にまで、こだわりがすごいんです。

そしてお楽しみはセットでついてくる酒器。セットの酒器はランダムのため選ぶことができませんが、どれもオリジナルなので、どの酒器がついてきても当たり!
特別な酒器で特別なお酒を楽しむ、幸せな時間が過ごせること間違いなしです。

NEXT5が飲めるお店

「秋田蔵元集団NEXT5 hyougemono2018」

今回私がNEXT5を飲んだのは、西麻布にある隠れ家ダイニング「霞町三〇一ノ一」。
唎酒師協会の副会長が経営するこちらのお店では、Next5だけではなくいろいろな種類の日本酒がおいしい和食と共に楽しめます。

定価で9,800円という値段なのでお店で飲むとだいぶ値は張りますが、Next5をゲットできなかった方、まだ飲んでいない方、興味があればぜひNEXT5があるお店に足を運んでみてください。

「霞町三〇一ノ一」
HP:http://www.301-1.com/
住所:東京都港区西麻布2-12-5 MISTY西麻布 3F
電話番号:03-6805-3227
営業時間:月〜水 18:00~25:00(LO24:00)
     木金  18:00~27:00(LO26:00)
     土   17:00~24:00(LO23:00)

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

Reina

Reina

酒をこよなく愛し、唎酒師、国際唎酒師、調理師、着物講師の資格を持つ。 2017年、日本酒のミスコン「ミス蔵2017」でのグランプリ受賞をきっかけに、Instagramにて日本酒の魅力の発信を開始。 酒蔵巡りなどの日本酒旅行記事をWEBマガジンで執筆している。 好きな言葉は「乾杯」。東京在住だが、お酒があるなら日本、海外、神出鬼没。

Instagram

スタッフ募集