日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

博多の森

掲載

この酒名が福岡のお酒であることを否が応でも教えてくれます。製造している酒蔵は福岡県宇美市の小林酒造本店です。寛政4年からの長い歴史を持つ酒蔵で日本酒以外には焼酎、リキュールを作っていますが、やはり人気は超辛口純米酒「博多の森」です。このお酒は福岡県糸島市の山田錦と三郡山のお水を使っているので、福岡の素材のみを活用したお酒になります。酒蔵の福岡愛を感じずにはいられません。

博多の森

ラベルからは力強さが伝わってきます。見事な書きっぷりです。

博多の森

ボトルからグラスに注ぐとほのかな香りと共に無色透明な博多の森が登場します。
実際に飲んでみました。
博多の森は超辛口というだけあって飲み込んだ時に喉がカーッと熱くなる感じがします。他の日本酒と飲み比べてみるとこのお酒の辛さが鮮明に際立ちますが、一方で後味はクセがなくスッキリとしています。
一杯飲み干したところで、今回はホウレンソウの白和えと一緒にいただきます。一般的に辛口の日本酒には塩辛い料理が合うと言われていますが、このホウレンソウの白和えも抜群に合いました。辛口とクリーミーなおつまみもマッチするのです。博多の森は今回紹介した純米酒以外に冬季限定の初しぼり博多の森が発売されています。初しぼりなのでフレッシュな風味が楽しめるはずです。同じお酒であっても純米酒と初しぼりを比較しながら飲んでみると味の違いが鮮明に感じられるので、日本酒の奥深さを学べるかもしれません。ぜひ飲み比べてみて下さい。

ちなみにですが発売元の小林酒造本店は酒蔵見学ツアーを無料で開催していますので、お酒造りに興味があれば申し込んでみるのも良いですね。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

onody

onody

福岡県在住。株式会社movee代表
お酒は量から質にチェンジ中です。

スタッフ募集