日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

1本3万円もする「最初で最後30」の豊盃!テロワールと精米を大切にした日本酒の味わいとは

掲載

日本酒愛飲家の間で高く評価される青森県弘前市の日本酒「豊盃」が、蔵で初となる豊盃米を30%まで磨いた純米大吟醸酒を醸しました。

「豊盃」は昭和初期に創業した「三浦酒造株式会社」の代表銘酒。名前の由来は、青森県の前身である津軽藩の祖・津軽為信公が、戦場で兵士を鼓舞するために唄った歌「ホウハイ」節だと言います。全国的な人気銘柄でありながらも、生産量を増やすことなく丁寧な酒造りに徹しています。

そんな「豊盃」三浦酒造株式会社が、新たな美味しさを追求し、青森県産の希少な酒造好適米・豊盃米を30%まで磨いた日本酒「豊盃 純米大吟醸 最初で最後30」を醸しました。「最初で最後」の思いが名前に込めており、1本3万円の価格が付けられています。

1本3万円もする「最初で最後30」の豊盃!テロワールと精米を大切にした日本酒の味わいとは

1本3万円もする「最初で最後30」の豊盃!テロワールと精米を大切にした日本酒の味わいとは

埼玉県鶴ヶ島市の酒屋「キングショップ誠屋」で2月11日、「豊盃を楽しむ会」を開催し、「純米大吟醸 最初で最後30」を筆頭に豊盃シリーズの飲み比べ会を開催しました。本稿では実際に試飲した感想をお伝えします。

<飲み比べた豊盃シリーズ>
銘柄名、使用米、精米歩合の順で記載。

・豊81(豊盃米/81%)
・純米 ん(豊盃米/麹55%・掛70%)
・純米 ん おりがらみ(華吹雪/60%・掛65%)
・純米 しぼりたて無濾過生原酒(弘前市藤代産華吹雪/麹60%・掛60%)
・特別純米酒(豊盃米/麹60%・掛60%)

・純米吟醸 華想い(華想い/55%)
・純米吟醸 夏ブルー(美郷錦/55%)

・純米大吟醸 山田錦 生酒(兵庫県西脇産山田錦/48%)
・純米大吟醸 大寒仕込み(兵庫県西脇産特別栽培米山田錦/39%)
・純米大吟醸 レインボー生酒(豊盃米 契約特別栽培アップグレード/39%)
・純米大吟醸 最初で最後30(豊盃米 契約特別栽培アップグレード/30%)

・大吟醸 つるし酒(山田錦/40%)

1本3万円もする「最初で最後30」の豊盃!テロワールと精米を大切にした日本酒の味わいとは

1本3万円もする「最初で最後30」の豊盃!テロワールと精米を大切にした日本酒の味わいとは

「純米大吟醸 最初で最後30」以外のラインナップを見てみると、同蔵の豊盃米で醸すお酒が多いこと、また、大吟醸クラスであっても磨きは39〜40%(ギリギリのライン)に留めていたことが窺えます。ここから、豊盃米を非常に大切に使っていることが伝わってきます。

まず、「純米大吟醸 最初で最後30」以外のお酒を飲み比べました。どのお酒も表情の差違はもちろんありますが、根本的な含み香と芳醇な米の旨味、スルッと飲めてしまうことは共通です。豊盃米を始めとした、お米の存在感を強く認識させてくれました。

それでは、「純米大吟醸 最初で最後30」を飲んでみます。

香りの華やかさ、お酒の透明感、気持ちの良いほどのキレと、文句なしの美味さです。同じ豊盃米を使っていても、別人に近い表情に驚かされます。これまで飲んだお酒と比べると、お米の味わいの強さは若干薄れたものの、香りの華やかさに昇華された“新境地の美味さ”がありました。

酒造好適米に限って言えば、“王様”山田錦を始め、全国に様々な有名銘柄があります。しかし、「豊盃」は他県の米を使いつつも、豊盃米を使うというテロワールにこだわりがあります。
また、香り(吟醸香)が出やすくキレイなお酒を造るために、「お米をたくさん精米する」という選択肢がありますが、「豊盃」は全てのお米を大事に精米しているのが窺えました。
想いの強さが味となって伝わると、感動も一際大きいのではないでしょうか。大盛況に終わった「豊盃を楽しむ会」を見て、強く感じました。

●三浦酒造株式会社
住所:〒036-8316 青森県弘前市石渡5-1-1
電話番号:0172-32-1577
青森酒造組合公式サイト:http://www.aomori-sake.or.jp/kuramoto/houhai.html

●キングショップ誠屋
営業時間:全日10:00~19:00 ※毎週水曜日/第2日曜日(年末年始を除く)
住所:埼玉県鶴ヶ島市富士見2-18-14
電話番号:049-285-8311
公式サイト:http://www.k-makotoya.net/

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

乃木章

乃木章

小説家/ライター/日本酒唎酒師/鶴ヶ島まちおこし委員会会長。
地元の酒屋さん「キングショップ誠屋」眞仁田社長との出会い日本酒を飲み始める。お酒は苦手だったのに、日本酒が好きになって以来、地元を中心に日本酒好きな人を増やそうと月1で日本酒イベントを開催している。
@Osefly

カテゴリー

スタッフ募集