日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

酒蔵の街が誇る日本酒料理「美酒鍋」のご紹介

掲載

日本三大酒どころの一つ、広島県西条には8つの酒蔵があります。今回は、西条の蔵人たちがまかない飯にしてきた郷土料理、「美酒鍋」をご紹介します。

正しくは「びしょなべ
すでに地元民でも「びしゅなべ」と発音することが多くなりましたが、正しくは「びしょなべ」といいます。これは、蔵人のあだ名が語源です。西条地区には8個も酒蔵があるので、蔵人がたくさんいました。お水をくみ上げたり、コメを蒸したり、道具を洗ったりと、蔵人たちの服はいつもびしょびしょにぬれていたといいます。そのため蔵人たちは「びしょ」と呼ばれていました。
びしょが食べるお鍋なので「びしょ鍋」なのですが、材料には地元のお酒を使っており、うまい酒の「美酒」と「びしょ」が重なっていつからか「美酒鍋(びしゅなべ)」と呼ぶのが一般化されました。

toji
出典:wikipedia

賀茂鶴酒造の専務が考案

kamotsuru
出典:wikipedia
美酒鍋を考え出したのは、西条の酒蔵の一つ、賀茂鶴酒造の専務、石川和知さんです。終戦直後の食糧難の時代、「若い蔵人におなか一杯食べさせたい!」そう考えた石川さんは安く手に入る食材、鶏モツを使ってまかない料理を考えました。鉄鍋にモツと野菜を入れ、塩コショウで味付け、最後はお酒で炒りつけます。このシンプルな料理は、手間がかからず、またお酒造りの合間に食べても「利き酒」をする蔵人の舌にも影響しないため、まかない料理として親しまれてきました。

美酒鍋レシピご紹介(4人分)

美酒鍋
美酒鍋 / kaidouminato

材料

●日本酒 適量
●ニンニク(スライス) 少々 
●砂ズリ・ハツ、豚バラ、鶏もも、400gずつ
●白ネギ 2本 ●白菜 半玉 ●玉ねぎ 2個 ●ニンジン 1本 ●シイタケ 4枚 ●こんにゃく1枚 ●厚揚げ 2枚  

作り方

鍋に油を入れて、スライスしたにんにくを入れる
香りが出たら、肉類を炒める
お肉の色が変わったら、お野菜をたっぷり投入し、塩コショウで味付けしながら炒める
具材にかけるように日本酒を回し入れる(深さ1センチくらいの量)お酒で炒りつけるように混ぜ、野菜とお肉に火が通ったら完成
ポイント…焦げそうになったらお酒を足します。一度に全部作ろうとせず半量ずつを2回に分けて作るとシャキシャキ野菜が食べられます。

お子様やお年寄りでも食べられます
日本酒を鍋で沸かすので、アルコールは完全に飛びます。小さなお子様やお年を召した方にも安心して召し上がっていただけますよ!
また、材料を確認して驚く方もいると思うのですが、お肉が一人当たり300g、そしてお野菜の量もとても多いですよね。力仕事をする蔵人のまかない飯ですので、がっつり栄養満点なのも美酒鍋の特徴です。
うまい日本酒でつくるとよりおいしくなりますが、この料理の鍋奉行を酒好きにやらせると、鍋にちょっとしかお酒を入れなくなりますので気を付けて!安全のため日本酒を多めに準備してくださいね。
おうちにある食材で簡単に作れます。ぜひご家庭で試してみてください。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

日本酒ライター misokko

misokko

三度のご飯よりお酒が好き。ひとり飲みはお酒と語らう極上の時間。

スタッフ募集