日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

日本酒に合うチーズは?日本ブランドのチーズが劇的なマリアージュ!

掲載

日本酒に合うチーズは?日本ブランドのチーズが劇的なマリアージュ!

ワインにチーズは定番のマリアージュとして知られていますが、日本酒とともにチーズを味わう楽しみ方がじわじわ人気です。それもそのはず、日本酒もチーズも同じ発酵食品、合わないワケがない!
そこで今回はここ数年劇的に美味しくなっている日本ブランドのチーズに視点をあて、日本酒に合う日本のチーズを選んでみました。

日本メーカーのチーズと日本酒は実に好相性!

ワインも料理も同郷の地のものとの相性が抜群なように、日本酒にあわせるつまみも地のものとはやはり好相性。
実はワインとチーズの相性も同じで、同じ地方のワインとチーズの素晴らしいマリアージュが存在します。ならば日本ブランドのチーズに合わせればいい!というシンプルな発想から日本酒に合うチーズを厳選してみました。
その結果は、実に好相性な味わい!さて、その好相性の味わいやいかに。

日本酒を白ワインのテイストに例えてみる

日本酒とチーズをあわせる時に、一番シンプルな考え方として日本酒を白ワインのテイストに例えてみるというのはいかがでしょうか。たとえばフランスブルゴーニュ地方のブドウの味わいが際立つ濃厚クリーミーなタイプのムルソーのような白ワインに、セミハードタイプのチーズをあわせると、まろやか感が広がる好相性なマリアージュになります。まずはこれに似たマリアージュがこちら。

淡麗純米「七賢」にクラフトの熟成ゴーダ「無垢」

淡麗純米「七賢」にクラフトの熟成ゴーダ「無垢」

山梨銘醸の淡麗純米「七賢」。山梨の辛口といえば七賢、名水の里白州にて、南アルプス甲斐駒ケ岳の伏流水で醸した純米酒で、こちらはほどよく冷やして初夏におすすめの純米。純米酒のもつふくよかさと旨みが、熟成ゴーダチーズのコクとのバランスが絶妙。七賢の淡麗純米のスッキリとした酸味に、日本ブランドのチーズ、クラフト無垢のなめらか感がマッチした味わいでした。

純米吟醸「正雪INTEGRATE EVOLUTIONⅡ」と小岩井旨みほろほろチーズ

純米吟醸「正雪INTEGRATE EVOLUTIONⅡ」と小岩井旨みほろほろチーズ

お次はフレッシュフルーティーで酸味と香りを楽しむ、アッサリ華やか系日本酒とチーズのマリア―ジュ。
実はこちらの小岩井旨みほろほろチーズ、モニター試食当選しました。絶対日本酒にも合いそう!と思ったので、今回は嬉しさひとしおです。神沢川酒造場の純米吟醸「正雪」静岡由比のこだわりの限定酒、すっきり淡麗系の五百万石使用、バナナのような甘い香りとともに華やかな酸味がひろがります。小岩井 生乳100%ヨーグルトからつくられたという旨みほろほろチーズの食感と酸味が心地よい。フルーティーな酒粕を思わせる余韻となりました。こちらのチーズ、サラダ感覚で日本酒と合いますね。

小岩井 生乳100%ヨーグルトからつくられたという旨みほろほろチーズの食感と酸味が心地よい

まさに旨みほろほろチーズと名のるべく、お口のなかでほろほろとヨーグルトのほどよい甘みと酸味が広がります。手触りはパウダリックな雪化粧をしたチーズといった感じ。

メイドインジャパンの酒とチーズのマリアージュ、合わないワケがない!

息のあった友人同士、会社の同僚、あまり話さなくてもわかるという同士という言葉がありますが、こちらの日本酒とチーズのマリアージュもまさにそれ。理屈抜きで、私達日本人にしかわからない?絶妙な味覚を楽しんでみては。

ライター プロフィール

日本酒ライター harumiatami

harumiatami

東京都出身、静岡県伊豆在住のワインと日本酒大好き主婦です。
2016年度ソムリエ協会ワインエキスパート取得。
ワインコラム掲載中

日本酒蔵一覧

NO IMAGE
若林酒造 島根県 開春
与謝娘酒造
与謝娘酒造 京都府 与謝娘
阿櫻酒造
阿櫻酒造 秋田県 阿桜
新藤酒造店
新藤酒造店 山形県 九郎左衛門 雪国慕情 羽陽富久鶴
若波酒造
若波酒造 福岡県 若波
黄桜
黄桜 京都府 黄桜
龍神酒造
龍神酒造 群馬県 尾瀬の雪どけ 花山梅酒
喜多酒造
喜多酒造 滋賀県 喜楽長
藤井酒造店
藤井酒造店 福島県 南郷
喜久水酒造
喜久水酒造 秋田県 喜久水 能代 喜三郎の酒
千徳酒造
千徳酒造 宮崎県 千徳 向洋
町田酒造店 – 玉村
町田酒造店 – 玉村 群馬県 太平人 栄屋四郎衛門 輝きの一滴
大矢孝酒造
大矢孝酒造 残草蓬莱 昇竜蓬莱 
NO IMAGE
吉田酒造 徳島県 蘭玉
冨安本家酒造
冨安本家酒造 福岡県 花の露
スタッフ募集