日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

掲載

こんにちは、Osakeliset編集部のカネダです。

新橋の名店、もとにて三千櫻の会が開催されました。
社長兼杜氏の山田氏を囲みながら、秋の味覚をふんだんに使用した料理とともに三千櫻を堪能。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

山田杜氏が日本酒を説明しているところ。
手にしているのは貴重なゴールドラベルの三千櫻。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

お店の入り口。場所は2階にあります。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

店内のカウンター。モダンな雰囲気でおしゃれです。
また、酒器もおしゃれでくりぬかれた木にグラスをはめこむようなものになっていました。

そして三千櫻づくしがスタート。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。
しぼりたて。
基本の普通アル添、直汲。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

愛山60。
甘みが印象的な希少なお米愛山。愛山の特徴をうまく生かしたお酒。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。
純米R。
コストパフォーマンスの高い普段呑み純米。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

愛山 袋吊り。
愛山のしぼり違い、シルキーな口当たりがよい感じ。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

純米 渡船 ひやおろし。
春火入れ、ひと夏越しのひやおろし。柔らかさを増して登場。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

仕込み水も飲みつつ。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

料理も豪華。
前菜は鯖寿司や黒いちじくと生ハム、ほかは鰯の包み焼きや土瓶蒸しなど、秋を感じされるラインナップで。
三千櫻との相性も抜群でした。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。
iwashi_tsutsumi

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

新橋 酛(もと)にて三千櫻の会。

13時スタートで終了が16時だったため、外に出るとまだ明るかったです。
こんな早い時間からほろ酔い気分だととても心地がよいです。

岐阜県中津川の日本酒三千櫻、とてもおいしかったので皆さんもぜひお試しください。
お店のほうもかなりおすすめです。

新橋 酛(もと)

住所東京都港区新橋3-16-22 池野6号ビル 2F
電話番号03-6459-0467
営業時間[月~金] 15:00~23:30(L.O.22:30) [土] 12:00~21:00(L.O.20:00)
定休日日・祝(不定休)

地図

スタッフ募集