日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

神亀酒造

主な銘柄

神亀 ひこ孫 かるくいっぱい

純米酒は、米だけの酒。アルコール添加で味を調整することのない、醸したままのお酒です。 それゆえに、純米酒造りでは、原料であるお米の品質が良いものでなければなりません。蔵元の仕事は、自分の器量いっぱいの良い米を蔵人さん達に用意することです。その上で、純米造りならではの丁寧な手仕事を重ねていけば、きっと良い酒ができるはず。基本どおりに手抜きをせずに造り続ければ、飲み手の側にもそれは伝わる。そんな確信をずっと持ち続けてきました。しかも、それぞれの蔵の気候や水や米の違いによって、それぞれに異なる個性の酒が出来ます。千の蔵の千の味。これが、本当の意味での日本酒の豊かさでしょうし、多彩な個性を提供することが、飲み手に対する本当のサービスだと思います。「とにかく良い米を」と求め続けて、15年前からは、有機栽培の酒米を使い始めましたが、仕込んでみると、醗酵の経過も、酒の生命力も全然違う。「酒は、米から」という事実を再認識することになりました。さらには、時間による熟成が加わることで、酒の味はさらに豊穣なものへと開花していきます。これからも、米の良さが伝わるような、じっくりと熟成させた豊かな味わいをお届けしたいと思います。

会社名神亀酒造
住所埼玉県馬込1978 【地図
電話番号048-768-0115
新着記事

世界も魅了した気仙沼の銘酒に酔いしれる「蒼天伝 酒の会」を7/25(水)に開催

2018/07/11 |

日本酒とアパレルブランドがコラボ!59醸×FREAK’S STORE ORIGINAL LABEL RELEASE PARTY 『FREAK‘酒(フリークシュ)』

2018/07/10 | 友美

参加蔵はみんな昭和59年度生まれ、同級生!ー「59醸メッセ」レポート

2018/07/10 | 友美

酒の香りとあなたの匂い【友美の日本酒コラム004】おとついからの二日酔い

2018/06/27 | 友美

なぜお酒を飲むんですか?【友美の日本酒コラム003】おとついからの二日酔い

2018/06/20 | 友美

「59醸メッセ 〜全国から昭和59年度生まれの酒蔵11蔵が集結!38銘柄の日本酒飲み放題!〜」開催

2018/06/20 | 友美

「人形町酒店presents 第4回 日本酒フェス」開催

2018/06/05 |

神亀酒造センムとの出会い【友美の日本酒コラム002】おとついからの二日酔い

2018/06/05 | 友美

有難味という味わいについて【友美の日本酒コラム001】おとついからの二日酔い

2018/06/01 | 友美

あらためて純米吟醸、大吟醸…「吟醸酒」ってなんだろう?─2018年吟醸新酒祭レポート

2018/05/15 | 友美
スタッフ募集