日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

平瀬酒造店

主な銘柄

久寿玉

純米大吟醸からにごり酒、生酒など様々な種類のある「久寿玉」。この名前は明治21(1888)年から使われている。名前の由来は「薬玉=おめでたいもの、邪気を避けるもの」という言葉で、平瀬酒造店には 元和9(1623)年に記録が残っており、少なくとも390年ほどの歴史を誇る老舗である。多彩なラインナップは、昔ながらの伝統を受け継ぎ生酛系の酵母を使ったものや、近年開発された花酵母により醸造した吟醸酒など、作り手の工夫が丹念にこめられている。そしてその全ては、特定名称酒という一定の清酒の製法品質基準をクリアしたもの。地元の根強いファンの中には、「自分は久寿玉しか飲まない」という一辺倒な方もいるほどで、日本酒を飲み慣れた人にはもちろん、初めて飲む人にもおすすめしたいホンモノのお酒である。

会社名有限会社 平瀬酒造店
住所岐阜県上一之町82番地 【地図
電話番号0577-34-0010
新着記事

酒と鮨の千一夜 ~第一夜・佐渡の寒鰤と鍋島山田錦~

2019/01/03 |

酒と鮨の千一夜 ~プロローグ・前夜~

2018/12/22 |

【播州一献】兵庫県宍粟市・山陽盃酒造への義援金口座が開設されました。  

2018/11/20 | 友美

あなたはもうすぐ死にます。最期に飲みたいお酒を選んでください。【友美の日本酒コラム010】おとついからの二日酔い

2018/10/29 | 友美

日本酒蔵見学ツアー&マリアージュ体験レポート(「天青」熊澤酒造・神奈川県茅ケ崎市)

2018/09/18 | 友美

【後編】杜氏の今持つすべてを表現したスパークリング日本酒・七賢「EXPRESSION2018」

2018/09/16 | 友美

【前編】世界初・古酒を使った貴醸酒スパークリング日本酒、七賢「EXPRESSION2018」が誕生!

2018/09/16 | 友美

マルミ北栄商店(札幌市東区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/15 | 友美

わたしは震災の夜、鍋島を飲んでいた。【友美の日本酒コラム009】おとついからの二日酔い

2018/09/15 | 友美

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/12 | 友美
スタッフ募集