日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

石川酒造

主な銘柄

多満自慢

石川家は、東京・福生の地に居を定めてから時を経ることおよそ400年となり、現当主石川彌八郎は17代目にあたります。江戸時代の石川家は、庭場という近隣の共同社会の長として、また、幕府直轄領熊川村の名主として、地域のリーダーの役割をはたし、将軍家への鮎の献上、朝鮮通信使の饗応といった御用を勤めました。天明以降に残された公私の出来事を記録した日記をみると、村の生活や御用の様子が豊かに書かれています。石川家は、天明~寛政頃(18世紀おわり)から、現青梅市成木で産出される石灰の取引をはじめ、文政期(19世紀前期)には、青梅縞などを扱う在郷の商人として活動を始めます。名主としての他に、商人としてもより広い地域の人々との交流を持つようになります。また、商人としての交流は、俳諧をはじめよする様々な文化の交流を生み出し、酒造業創業の下地を家同士の付き合いの面からも作りだしていったのです。

会社名石川酒造
住所東京都熊川一番地 【地図
電話番号042-553-0100
新着記事

1,919点の日本酒が集結!『SAKE COMPETITION2019』世界一美味しい日本酒を決める品評会、審査会が開催されました。

2019/05/17 | 友美

『第16回 2019長野の酒メッセin東京』今年も大盛況のうちに終了!

2019/05/10 | 友美

胸をときめかせはしごを登ったあの頃に【友美の日本酒コラム014】おとついからの二日酔い

2019/05/10 | 友美

酒と鮨の千一夜 ~第七夜・加賀梶木鮪で「常きげん」@石川小松・鮨 田がみ~

2019/05/08 |

KAN-SAKE×モツの居酒屋 神宮前 kogane(モツ酒場こがね)オープン!

2019/04/27 |

ブレンド/ボタニカル添加/地域性の追求/の3本柱【友美の日本酒コラム013】おとついからの二日酔い

2019/04/26 | 友美

KURANDと寒梅酒造が今までにないイノベーティブな日本酒レシピの共同開発を目指し業務提携を開始

2019/04/26 |

酒と鮨の千一夜・第六夜 ~高知初鰹の土佐巻と南・無濾過純米中取り~

2019/04/23 |

HAPPYヤケ酒という日本文化【友美の日本酒コラム012】おとついからの二日酔い

2019/04/22 | 友美

『CRAFT SAKE WEEK at ROPPONGI HILLS 2019』4月19日から10日間、今年も開幕!

2019/04/21 | 友美
スタッフ募集