日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

岡山県の日本酒蔵一覧

ヨイキゲン

代表銘柄:酔機嫌 質第一に旨口の酒を醸しています。 原料米は地元総社で収獲されたあけぼの米、県産の雄町米を主要に全量自家精米を施し、仕込みにはやや硬水の高梁川伏流水を使用しております。全般的にやや辛口な飲み口ですが、米

平喜酒造

代表銘柄:喜平 新婚 将軍 酒造りは米と水を主原料としていることは誰でもが知っていることで、米は岡山の自然がはぐくんだ備前米の「雄町」や「あけぼの」を使用しています。 また旨い水は蔵の北にある遥照山の花崗岩質に磨かれて酒造りに適

丸本酒造

代表銘柄:賀茂緑 誰にでも愛されるお酒が優れたお酒とは考えていません。たった一人でも、最高の満足と充実感を感じて頂けるならば、それが作り手にとって最高の喜びです。 私たちが最も重要だと考えるのは、お米の味の自然な甘さや

嘉美心酒造

代表銘柄:嘉美心 日本一、美しい甘口蔵を目指すのが嘉美心の酒でございます。

三光正宗

代表銘柄:三光正宗 岡山備中の地酒「三光正宗」。地元の味と原料にこだわった酒造り。

白菊酒造

代表銘柄:大典白菊 岡山特産の酒米を中心に、自社で復活させた独自の酒米、無農薬の酒米など米にこだわり、清冽で豊かな仕込み水、そして伝統の備中杜氏の技といった、酒造りに恵まれた岡山の良さを大切に醸しております。

辻本店

代表銘柄:御前酒 炭屋彌兵衛 「御前酒」と「炭屋彌兵衛」の蔵元 ~[幻の酒米]雄町米を使用し、独自の菩提もとで造るこだわりの味をお届けいたします。

宮下酒造

代表銘柄:極聖 1915年(大正4年)、岡山県玉野市で宮下亀蔵が創業し、よい水を求めて1967年(昭和42年)、旭川のほとりの現在地(西川原)へ蔵を移しました。 旭川の伏流水を地下100メートルからくみ上げて仕込み水

室町酒造

代表銘柄:櫻室町 室町酒造株式会社は雄町の冷泉と雄町米で櫻室町というこだわりの地酒を造っています。

利守酒造

代表銘柄:酒一筋 利守酒造は一時は幻の米となった軽部産雄町米を使用して地酒の製造販売を行っております。

日本酒無料PRサービス
スタッフ募集