日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

田端酒造

主な銘柄

羅生門 七人の侍 大東一 つれもていこら さとこのお酒

1851年(嘉永4年)に紀州藩より酒造鑑札をいただいて以来、「滴滴在心(一滴一滴に心を込めて酒を醸すこと)」を信条に160年のあいだ酒造りを続けてまいりました。 酒造りは最も美味しいお酒ができる冬季の数か月の間に仕込み(お酒を造ること)をおこないます。 仕込みが始まると蔵人は「滴滴在心」を心に刻み、昼夜の別なくそれぞれの作業を適確に進めていきます。 当蔵では蔵人の洗練された感覚を重視し、人のぬくもりが酒に伝わるように、ほとんどの工程を手作業で行っております。

会社名田端酒造
住所和歌山県木広町5-2-15 【地図
電話番号073-424-7121
新着記事

酒と鮨の千一夜 ~第一夜・佐渡の寒鰤と鍋島山田錦~

2019/01/03 |

酒と鮨の千一夜 ~プロローグ・前夜~

2018/12/22 |

【播州一献】兵庫県宍粟市・山陽盃酒造への義援金口座が開設されました。  

2018/11/20 | 友美

あなたはもうすぐ死にます。最期に飲みたいお酒を選んでください。【友美の日本酒コラム010】おとついからの二日酔い

2018/10/29 | 友美

日本酒蔵見学ツアー&マリアージュ体験レポート(「天青」熊澤酒造・神奈川県茅ケ崎市)

2018/09/18 | 友美

【後編】杜氏の今持つすべてを表現したスパークリング日本酒・七賢「EXPRESSION2018」

2018/09/16 | 友美

【前編】世界初・古酒を使った貴醸酒スパークリング日本酒、七賢「EXPRESSION2018」が誕生!

2018/09/16 | 友美

マルミ北栄商店(札幌市東区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/15 | 友美

わたしは震災の夜、鍋島を飲んでいた。【友美の日本酒コラム009】おとついからの二日酔い

2018/09/15 | 友美

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/12 | 友美
スタッフ募集