日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

岩村醸造

主な銘柄

女城主

酒蔵内の井戸から湧き出る天然水と、地域で栽培された米「ひだほまれ」を使用し、地元出身の杜氏が仕込みをする。酒造りの工程において重要原料は、水、酒米など、すべてにおいて地元にこだわり、地酒本来の味わいを追求しているのが「女城主 特別純米酒 濃州生一本」だ。製造する岩村醸造の酒蔵としての歴史は古く、創業は天明7(1787) 年 。「女城主」ブランドは、その昔、岩村城主に嫁いだ織田信長の叔母にあたる女性が、城主病没後は事実上の城主として采配を振るった物語にちなんでおり、この歴史を基に昭和60(1985)年の地域おこしイベント「岩村城築城800年祭」をきっかけに誕生した。  信条とする味は玲瓏馥郁(れいろうふくいく)。美しい輝きと、お酒が苦手な人からも「いい香りですね」と言われる香りの良さが特徴だ。日本酒は秋口になると、まろやかになって、味も香りも乗ってくる。しかし、お酒が苦手な人にとっては、熟成された香りが酒臭さになって敬遠される向きもある。そこで、麹の作り方に工夫を凝らすなどの改良を重ね、熟成を遅らせることで、夏を過ぎても香りがよく、キレのある洗練された酒に仕上げている。

会社名岩村醸造株式会社
住所岐阜県岩村町342番地 【地図
電話番号0573-43-2029
新着記事

「人形町酒店presents 第4回 日本酒フェス」開催

2018/06/05 |

神亀酒造センムとの出会い【友美の日本酒コラム002】おとついからの二日酔い

2018/06/05 | 友美

有難味という味わいについて【友美の日本酒コラム001】おとついからの二日酔い

2018/06/01 | 友美

あらためて純米吟醸、大吟醸…「吟醸酒」ってなんだろう?─2018年吟醸新酒祭レポート

2018/05/15 | 友美

昔ながらのつくり方を曲げない。秋田の実直な酒蔵「雪の茅舎」/齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)

2018/05/13 | 友美

立川「招福そば奈美喜庵」にて「落語と白隠正宗と蕎麦の会」開催

2018/03/19 |

シュキ買いのススメ②(酒器買いのススメ) ~「ティファニーで日本酒を」タンブラー編~

2018/03/19 |

ジャケ買いのすすめ⑪ ~春の巻・鶯(うぐいす)~

2018/03/12 |

美酒王国・秋田の酒が大集合!秋田県酒造組合主催「秋田の酒きき酒会」

2018/03/07 | 友美

一夜限りの特別講演 西の名門蔵「賀茂鶴」の杜氏が教える日本酒セミナー開催

2018/03/07 |
日本酒無料PRサービス
スタッフ募集