日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

岩村醸造

主な銘柄

女城主

酒蔵内の井戸から湧き出る天然水と、地域で栽培された米「ひだほまれ」を使用し、地元出身の杜氏が仕込みをする。酒造りの工程において重要原料は、水、酒米など、すべてにおいて地元にこだわり、地酒本来の味わいを追求しているのが「女城主 特別純米酒 濃州生一本」だ。製造する岩村醸造の酒蔵としての歴史は古く、創業は天明7(1787) 年 。「女城主」ブランドは、その昔、岩村城主に嫁いだ織田信長の叔母にあたる女性が、城主病没後は事実上の城主として采配を振るった物語にちなんでおり、この歴史を基に昭和60(1985)年の地域おこしイベント「岩村城築城800年祭」をきっかけに誕生した。  信条とする味は玲瓏馥郁(れいろうふくいく)。美しい輝きと、お酒が苦手な人からも「いい香りですね」と言われる香りの良さが特徴だ。日本酒は秋口になると、まろやかになって、味も香りも乗ってくる。しかし、お酒が苦手な人にとっては、熟成された香りが酒臭さになって敬遠される向きもある。そこで、麹の作り方に工夫を凝らすなどの改良を重ね、熟成を遅らせることで、夏を過ぎても香りがよく、キレのある洗練された酒に仕上げている。

会社名岩村醸造株式会社
住所岐阜県岩村町342番地 【地図
電話番号0573-43-2029
新着記事

酒と鮨の千一夜・第二十七夜 〜秋の走りの頃「ひやおろし」&「新烏賊」そして夏の名残りに「雪の茅舎」VS「雲丹の茅舎」〜

2020/09/30 |

酒と鮨の千一夜・第二十六夜 〜イカの王様・呼子の烏賊 &蛍の里の銘酒・七田〜

2020/09/02 |

酒と鮨の千一夜・第二十五夜 〜We love Kyusyu sake & We love long fish in summer 佐賀・鍋島&小豆島・島鱧〜

2020/08/03 |

着物とおなじで「一期一会」が魅力/着付け講師・SAKI【みんなの日本酒】

2020/06/27 | 友美

酒と鮨の千一夜・第二十四夜 〜黒龍「火いら寿」✕伊豆&房州の「炙り金目鯛」を巡る怒涛のマリアージュ〜

2020/06/22 |

酒と鮨の千一夜・第二十三夜 〜仁淀川水系を巡る酒と鮨・亀泉純米大吟醸「貴賓」&宇佐もん一本釣り「潤鰯バッテラ」〜

2020/05/19 |

米からできた酒に造り手の心を想う「喜想菴」女将・鈴木美和【みんなの日本酒】

2020/05/10 | 友美

探求心と好奇心のたどりついた先に。お酒の研究者・久保田健斗【みんなの日本酒】

2020/05/06 | 友美

日本酒、茶…日本文化を世界へと!日本とメキシコの架け橋・中村典嗣【みんなの日本酒】

2020/05/04 | 友美

酒造の神秘に魅せられ人生に寄り添う存在に。日本酒学講師/会社員・齋藤太郎【みんなの日本酒】

2020/05/03 | 友美