日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

東亜酒造

主な銘柄

晴菊

晴菊の由来は困民党が中心となった近代史上最大の民衆蜂起・秩父事件にさかのぼります。明治17年(1884年)11月1日の夕刻、秩父椋神社に農民3000人が集結。負債の延納、雑税の減少等を求めて蜂起した。 困民軍は群馬や長野の各地に転戦したが、組織された政府軍の鎮圧に奔走させられ、蜂起から10日あまりで壊滅。困民党や農民はバラバラになった。この時、困民党に食料などを提供し、陰で支援したといわれるのが肥土酒造本家(秩父市吉田町)17代目当主、肥土晴三郎だった。明治政府も西南戦争に準じる戦争として、有事体制で臨んだ戦闘への支援はどれほどの苦労があったでしょうか。「晴菊」は、晴三郎の死後、地元への貢献、功績を称え、名の頭文字と故人が好んでいた大輪の菊に因んで付けられました。

会社名東亜酒造
住所埼玉県西4-1-11 【地図
電話番号048(561)3311
新着記事

酒と鮨の千一夜・第二十七夜 〜秋の走りの頃「ひやおろし」&「新烏賊」そして夏の名残りに「雪の茅舎」VS「雲丹の茅舎」〜

2020/09/30 |

酒と鮨の千一夜・第二十六夜 〜イカの王様・呼子の烏賊 &蛍の里の銘酒・七田〜

2020/09/02 |

酒と鮨の千一夜・第二十五夜 〜We love Kyusyu sake & We love long fish in summer 佐賀・鍋島&小豆島・島鱧〜

2020/08/03 |

着物とおなじで「一期一会」が魅力/着付け講師・SAKI【みんなの日本酒】

2020/06/27 | 友美

酒と鮨の千一夜・第二十四夜 〜黒龍「火いら寿」✕伊豆&房州の「炙り金目鯛」を巡る怒涛のマリアージュ〜

2020/06/22 |

酒と鮨の千一夜・第二十三夜 〜仁淀川水系を巡る酒と鮨・亀泉純米大吟醸「貴賓」&宇佐もん一本釣り「潤鰯バッテラ」〜

2020/05/19 |

米からできた酒に造り手の心を想う「喜想菴」女将・鈴木美和【みんなの日本酒】

2020/05/10 | 友美

探求心と好奇心のたどりついた先に。お酒の研究者・久保田健斗【みんなの日本酒】

2020/05/06 | 友美

日本酒、茶…日本文化を世界へと!日本とメキシコの架け橋・中村典嗣【みんなの日本酒】

2020/05/04 | 友美

酒造の神秘に魅せられ人生に寄り添う存在に。日本酒学講師/会社員・齋藤太郎【みんなの日本酒】

2020/05/03 | 友美