日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

鍋店

主な銘柄

仁勇、不動

元禄2年(1689年)鍋店は成田山新勝寺の門前に蔵を構え、酒造りを始めましたが、現在は田園の広がる香取郡神崎町(こうざきまち)に 酒蔵を移し「仁勇・不動」を醸造しています。酒造りは、昔から新潟杜氏や南部杜氏に代表される杜氏さん達にお願いしてきましたが、『自分たちの力で個性のある酒』を造りたくて、平成9年より全て自社スタッフによる酒造りを開始しました。蒸米・麹・もろみに至る酒造りという『生まれ』から、おり下げ・濾過・火入れ・貯蔵、そして瓶詰めに至る『育ち』まで、全ての工程を自社スタッフで行い、各工程での酒の品質状況を常に把握することにより、多くのお客様から『おいしい!』と感じて頂ける製品を出荷することを第一に考えています。人と人の間に酒があり、心と心の間に酒がある。そんな心に響く酒を造ることが私の使命です。

会社名鍋店
住所千葉県本町338番地 【地図
電話番号0476-22-1455
新着記事

酒と鮨の千一夜・第二十七夜 〜秋の走りの頃「ひやおろし」&「新烏賊」そして夏の名残りに「雪の茅舎」VS「雲丹の茅舎」〜

2020/09/30 |

酒と鮨の千一夜・第二十六夜 〜イカの王様・呼子の烏賊 &蛍の里の銘酒・七田〜

2020/09/02 |

酒と鮨の千一夜・第二十五夜 〜We love Kyusyu sake & We love long fish in summer 佐賀・鍋島&小豆島・島鱧〜

2020/08/03 |

着物とおなじで「一期一会」が魅力/着付け講師・SAKI【みんなの日本酒】

2020/06/27 | 友美

酒と鮨の千一夜・第二十四夜 〜黒龍「火いら寿」✕伊豆&房州の「炙り金目鯛」を巡る怒涛のマリアージュ〜

2020/06/22 |

酒と鮨の千一夜・第二十三夜 〜仁淀川水系を巡る酒と鮨・亀泉純米大吟醸「貴賓」&宇佐もん一本釣り「潤鰯バッテラ」〜

2020/05/19 |

米からできた酒に造り手の心を想う「喜想菴」女将・鈴木美和【みんなの日本酒】

2020/05/10 | 友美

探求心と好奇心のたどりついた先に。お酒の研究者・久保田健斗【みんなの日本酒】

2020/05/06 | 友美

日本酒、茶…日本文化を世界へと!日本とメキシコの架け橋・中村典嗣【みんなの日本酒】

2020/05/04 | 友美

酒造の神秘に魅せられ人生に寄り添う存在に。日本酒学講師/会社員・齋藤太郎【みんなの日本酒】

2020/05/03 | 友美