日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

松山酒造

主な銘柄

明君

昭和33年(1958)、三重県名張市の松山酒造株式会社の酒造権と内部設備を大倉酒造(現・月桂冠)株式会社が取得し、同年より、月桂冠グループの一員として、現地で約1,200石(約216kl)の醸造を開始、商標を「明君」(万民のため明るい世をつくらんとする賢明なる君主を讃えるの意味。明治35年登録、現在月桂冠㈱所有)としました。 翌34年、免許地ならびに内部設備、用具を月桂冠の北蔵(伏見区下板橋)に移転、伏見での醸造を開始しました。その後、生産数量は順次増大し、同39年には約5,000石(約900kl)を越すまでになりました。 同42年、月桂冠の大賞蔵(伏見区東堺町)に再度移転、伝統的な醸造をつづけています。その間、全国新酒鑑評会で「金賞」も受賞(同53年)しています。

会社名松山酒造
住所京都府伏見区東堺町472 【地図
電話番号075-601-2528
新着記事

日本酒蔵見学ツアー&マリアージュ体験レポート(「天青」熊澤酒造・神奈川県茅ケ崎市)

2018/09/18 | 友美

【後編】杜氏の今持つすべてを表現したスパークリング日本酒・七賢「EXPRESSION2018」

2018/09/16 | 友美

【前編】世界初・古酒を使った貴醸酒スパークリング日本酒、七賢「EXPRESSION2018」が誕生!

2018/09/16 | 友美

マルミ北栄商店(札幌市東区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/15 | 友美

わたしは震災の夜、鍋島を飲んでいた。【友美の日本酒コラム009】おとついからの二日酔い

2018/09/15 | 友美

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/12 | 友美

上越やすだ 銀座店「秋の酒まつり」開催!

2018/09/11 |

酒舗 七蔵(札幌市中央区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/11 | 友美

第4回 一献展 ~蔵元と語らふ会~(伊勢丹浦和店)イベントレポート

2018/08/23 | 友美

ジャケ買いのすすめ⑬~夏の甲子園~「ツーアウトフルベース」「逆転サヨナラ満塁ホームラン」

2018/08/20 |
スタッフ募集