日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

メニュー

松山酒造

主な銘柄

明君

昭和33年(1958)、三重県名張市の松山酒造株式会社の酒造権と内部設備を大倉酒造(現・月桂冠)株式会社が取得し、同年より、月桂冠グループの一員として、現地で約1,200石(約216kl)の醸造を開始、商標を「明君」(万民のため明るい世をつくらんとする賢明なる君主を讃えるの意味。明治35年登録、現在月桂冠㈱所有)としました。 翌34年、免許地ならびに内部設備、用具を月桂冠の北蔵(伏見区下板橋)に移転、伏見での醸造を開始しました。その後、生産数量は順次増大し、同39年には約5,000石(約900kl)を越すまでになりました。 同42年、月桂冠の大賞蔵(伏見区東堺町)に再度移転、伝統的な醸造をつづけています。その間、全国新酒鑑評会で「金賞」も受賞(同53年)しています。

会社名松山酒造
住所京都府伏見区東堺町472 【地図
電話番号075-601-2528
新着記事

なぜお酒を飲むんですか?【友美の日本酒コラム003】おとついからの二日酔い

2018/06/20 | 友美

「59醸メッセ 〜全国から昭和59年度生まれの酒蔵11蔵が集結!38銘柄の日本酒飲み放題!〜」開催

2018/06/20 | 友美

「人形町酒店presents 第4回 日本酒フェス」開催

2018/06/05 |

神亀酒造センムとの出会い【友美の日本酒コラム002】おとついからの二日酔い

2018/06/05 | 友美

有難味という味わいについて【友美の日本酒コラム001】おとついからの二日酔い

2018/06/01 | 友美

あらためて純米吟醸、大吟醸…「吟醸酒」ってなんだろう?─2018年吟醸新酒祭レポート

2018/05/15 | 友美

昔ながらのつくり方を曲げない。秋田の実直な酒蔵「雪の茅舎」/齋彌酒造店(秋田県由利本荘市)

2018/05/13 | 友美

立川「招福そば奈美喜庵」にて「落語と白隠正宗と蕎麦の会」開催

2018/03/19 |

シュキ買いのススメ②(酒器買いのススメ) ~「ティファニーで日本酒を」タンブラー編~

2018/03/19 |

ジャケ買いのすすめ⑪ ~春の巻・鶯(うぐいす)~

2018/03/12 |
日本酒無料PRサービス
スタッフ募集