日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

ただ冷たければ良いんじゃない!冷酒のおいしい3つの飲み方

掲載

ただ冷たければ良いんじゃない!冷酒のおいしい3つの飲み方
近年は外国でも人気が高い日本酒ですが、日本人ならば味の違いがわかるようになってみたいですよね。
しかし、「熱燗」はハードルが高いと思っている方も多いと思いますし、実際にどんな飲み方がおいしいのかってわからないですよね。
今回はこれから日本酒を楽しんでいきたいと考えている方に向けて、日本酒初心者でも入りやすい「冷酒」のおいしい飲み方を温度帯から考えていこうと思います。

ビールより冷たい「雪冷え」

一般的なビールが6~8℃で提供されるのに対し、「雪冷え」として出される日本酒は5℃前後に冷やされています。
雪冷えは吟醸酒などの華やかで香り高いものを選ぶとよいでしょう。温度が低いと雑味を感じにくくなり、キリッとしたシャープな味わいが楽しめます。
一方で温度が低いゆえに、米本来の甘味や旨味が感じにくくなってしまいます。

味が際立つ「花冷え」

10℃前後でいただくのが「花冷え」で、この温度帯が一番日本酒の香りが高まる温度だといえます。
純米酒などのコクや旨味があるものは、この温度帯で味わうとスッキリとした印象になります。また生酒もこの温度帯がおすすめで、爽やかな香りとみずみずしさを失うことなく味わうことができます。

米の味が引き立つ「涼冷え」

ざっくりと言ってしまうと、15~20℃の常温といわれる温度で管理された日本酒です。
本醸造酒や純米酒は、甘み・酸味・苦味のバランスが調和して、米本来の味が引き出される温度帯といえるでしょう。

まとめ

ひと言に冷酒といっても色々な温度によって呼び名も変わるし、その味わいも違ってくるのが面白いですよね。
気になる日本酒を違う温度帯で飲み比べてみるとさらに面白そう。ぜひ自分の好みに合った冷酒の飲み方を見つけてみましょう!

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

平野由香里

平野由香里

元フレンチ料理人 都内のレストランで10年料理人として働いた後、自分のやりたいこと・なりたい自分像を追い求めてフリーライターになることを決意した。
個人ブログ「Carlygraph」を運営。

スタッフ募集