日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

日本酒の季節到来!「ひやおろし」と「秋あがり」の違いを解説

掲載

日本酒の季節到来!「ひやおろし」と「秋あがり」の違いを解説

今年の夏はなんだかパッと晴れた日が少なく、気がついたらもう秋らしい陽気になってきてしまいましたね。そんな季節になると店頭に並び始める限定の日本酒が「ひやおろし」です。
そこでひやおろしと並んで使われるのが「秋あがり」という言葉ですが、こちらの意味を知っている方は多くないのではないでしょうか。
今回は、日本酒の旬を楽しんでもらうために「ひやおろし」と「秋あがり」の違いについて書いていこうと思います。

秋の贅沢「ひやおろし」とは?

日本酒には、その状態をあらわす専門用語が多数存在します。この「ひやおろし」も“その日本酒が今どんな状態なのか”ということを示している言葉なんです。

日本酒は冬に仕込まれ春先に絞った酒を、殺菌のために火入れして熟成させます。夏のあいだを冷たい蔵で貯蔵し、二度目の火入れをせずに卸すことから「ひやおろし」と呼ばれています。
春先に出回る新酒は、絞ってから火入れをしていないので、フレッシュな香りや味わいが特徴的で、若い粗さを感じることでしょう。
「ひやおろし」は、この新酒を火入れして熟成させるので、新酒よりも丸みを帯びたバランスの良さを感じることができるといえます。

「秋あがり」はひやおろしと何が違うのか

「秋あがり」に関しても、秋にしか飲めない酒です。
しっかりとした定義があるわけではないですが、熟成させた新酒を冷たいまま卸すことを「ひやおろし」と呼ぶのに対して、その熟成期間を経て味が上がった状態のことを「秋あがり」と呼びます。
ですので、言葉は違ってもおおよその意味や日本酒の状態は同じということになります。
秋あがりに関しても、穏やかで落ち着いた香りが広がり、新酒に比べると濃厚な味わいが楽しめるのが特徴となっています。

以上が、ひやおろしと秋あがりの違いです。これから出回る秋の味を存分に楽しみましょう。

酒蔵レポート
日本全国酒蔵レポート/「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」茨木酒造(兵庫県明石市)

「来楽」をかもす茨木酒造は、1848年(嘉永元年)創業。今回お話しをうかがった茨木幹人(みきひと)さんで、9代目を数えます。
日本全国酒蔵レポート/「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」灘菊酒造(兵庫県姫路市)

「灘菊」「MISA33」「蔵人」をかもす灘菊酒造は、1910年(明治43年)に川石酒類(資)として創業。2010年に100周年を迎えました。
地元の米で、水で、人で、つくる酒「賀儀屋」の蔵訪問/成龍酒造

「賀儀屋」成龍酒造(愛媛県西条市)

蔵がある西条市は、愛媛県のなかでも南に位置をし、「うちぬき」がある水の都として有名な場所。石鎚山の伏流水が吹き出すことからこの土地の水は、”打ち抜き水”と呼ばれています。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

神奈川の丹沢山系の麓、松田でお酒を醸していらっしゃる中澤酒造さんにお邪魔しました。
中沢酒造株式会社(神奈川県足柄上郡)

豊島屋酒造(東京都)

東京都東村山市にある【豊島屋酒造】さんにお邪魔しました。

ライター プロフィール

平野由香里

平野由香里

元フレンチ料理人 都内のレストランで10年料理人として働いた後、自分のやりたいこと・なりたい自分像を追い求めてフリーライターになることを決意した。
個人ブログ「Carlygraph」を運営。

スタッフ募集