日本酒好きなあなたに酔い情報をお届け

MENU

見砂酒造

主な銘柄

朱鷺の里

1960年(昭和35年)、明治時代に創業した羽咋市の疋島酒造、第2次世界大戦前に創業した旧志雄町の見砂合資、江戸末期に創業した旧志賀町の加茂野酒造の能登地域の小さな3つの蔵元が合併し、新たに見砂酒造としてのスタートを切りました。さらにその2年後の1962年(昭和37年)には、同じく能登の酒蔵である、江戸時代・慶応年間に創業した旧中島町の山本酒造と、明治時代創業の旧冨来町にあった松田酒造が見砂酒造と合併し、同時期に旧押水町の地へ移転を果たします。ここにはかつて、現在は国の天然記念物に指定され、絶滅の危機に瀕している幻の鳥『朱鷺』が多く群れたと伝えられており、その自然環境と水の良さを求めた結果の転地となりました。

会社名見砂酒造
住所石川県宝達志水町宿443−107 【地図
電話番号0767-28-3151
新着記事

酒と鮨の千一夜 ~第一夜・佐渡の寒鰤と鍋島山田錦~

2019/01/03 |

酒と鮨の千一夜 ~プロローグ・前夜~

2018/12/22 |

【播州一献】兵庫県宍粟市・山陽盃酒造への義援金口座が開設されました。  

2018/11/20 | 友美

あなたはもうすぐ死にます。最期に飲みたいお酒を選んでください。【友美の日本酒コラム010】おとついからの二日酔い

2018/10/29 | 友美

日本酒蔵見学ツアー&マリアージュ体験レポート(「天青」熊澤酒造・神奈川県茅ケ崎市)

2018/09/18 | 友美

【後編】杜氏の今持つすべてを表現したスパークリング日本酒・七賢「EXPRESSION2018」

2018/09/16 | 友美

【前編】世界初・古酒を使った貴醸酒スパークリング日本酒、七賢「EXPRESSION2018」が誕生!

2018/09/16 | 友美

マルミ北栄商店(札幌市東区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/15 | 友美

わたしは震災の夜、鍋島を飲んでいた。【友美の日本酒コラム009】おとついからの二日酔い

2018/09/15 | 友美

銘酒の裕多加(札幌市北区)<札幌の酒屋のいま・平成30年北海道胆振東部地震後の姿>

2018/09/12 | 友美
スタッフ募集